日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • 歴史・文化
  • おもしろ
  • コラム

あつじ所長の漢字漫談1「重箱読み」と「湯桶読み」

2017.07.25

あつじ所長の漢字漫談1「重箱読み」と「湯桶読み」

 2017年6月、(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所長に阿辻哲次京都大学名誉教授が就任しました。そこで、「あつじ所長の漢字漫談」と題して、身近な漢字や言葉についてのコラムを連載していきます。それでは、記念すべき第1回のコラムをお楽しみください。



 よく知られているように、漢字の熟語の読み方に、「重箱読み」と「湯桶(ゆとう)読み」 があります。「台所」とか「番組」のように、最初の漢字を音読みで、次を訓読みで読むのが「重箱読み」で、逆に「株券」とか「夕刊」のように訓読み音読み の順に読む読み方を「湯桶読み」といいますね。

 「重箱」とはおせち料理が入っているおなじみの道具ですが、ここに出てくる「湯桶」を、私はずっと入浴に使う風呂桶だと思っていました。でもそれはまちがいで、「湯桶」とは湯や酒を入れる漆塗り容器のこと、よく知られているものではそば屋さんで「そば湯」を入れて出てくるあの木製容器が「湯桶」です。重箱と湯桶は、どちらも食卓で使われる漆塗りの道具に由来する名称だったのです。

 さて、もともと漢字熟語は音読みで読むのが正しいあり方でした。だからほとんどの学術用語は、「技術」「機械」「数学」「文法」というように、音読みで読まれます。しかし音読みは耳で聞いただけではわからない、という特徴があります。たとえば「海」を「カイ」と、「紙」を「シ」と音読みで読まれても、耳で聞いただけではなんのことかわかりませんでしょう?

 漢字は訓読みにしてはじめて意味がわかるので、重箱読みと湯桶読みは、漢字の熟語を耳で聞いたときに少しでもわかりやすくするための変則的な読み方として発生したものでした。

 たとえば、事故や災害などで交通網が混乱した時に走る「代替バス」は、音読みでは「だいたいバス」であるはずですが、現実には重箱読みで「だいがえばす」と発音されます。また「化学」を「ばけがく」と、「甘食」を「あましょく」と 湯桶読みするのも、「科学」と「化学」、「甘食」と「間食」の同音異義語を読み方によって区別するための工夫でした。

 しかし中にはよくわからない読み方もあり、私は特に「車幅」を重箱読みで「しゃはば」と読むことに強く違和感を感じます。

 「幅」の音読みはフクですから、音読みで「シャフク」が正しいと思うのです が、自動車教習所の教科書でも、自動車メーカーのCMでも、そして交通関係の警察でも、これはどうやら「しゃはば」と読むことに統一されているようです。わが愛用のパソコンに搭載されている日本語変換辞書でも「しゃふく」では「車幅」に変換されず、「しゃはば」と入力しなければ漢字になりません。

 しかし同じ漢字を使う「幅員」は、音読みで「フクイン」と読まれます。

 「広さ」という意味で使われる「幅員」は、実は中国最古の詩集である『詩経』 の商頌・長発という詩(成立はだいたい紀元前1000年前後)に見える、非常に古いことばで、原文には「幅隕」とあるのが、やがて「幅員」と書かれるようになりました。 

 その『詩経』に加えられた注釈によれば、「幅」は左右の長さ、「員」は周囲の長さのこととされますが、やがて日本語ではもっぱら道路や橋などの「はば」 の意味に使われるようになりました。

 そこまではなんの問題もないのですが、さて、わが家の近所の国道で工事がおこなわれていて、そこに「巾員狭少につきご注意ください」という看板が出ていました(写真参照)。
216fuku.jpg

 「幅員」はだれでも「フクイン」と読みますが、しかし「車幅」は「幅」を 「はば」と読むものですから、同じく「はば」と読む「巾」と「幅」のちがいがわからなくなった人がいたようですね。この看板はおそらく「幅員狭小」と書くつもりだったのを書きまちがったものにちがいありません。しかし「巾」の音読みは、布巾・雑巾というように「キン」ですから、この看板は「キンインキョウショウ」と読まねばならないことになります。

 「車幅」が重箱読みで「しゃはば」と読まれるようになったのがいつからなのかはわかりませんが、その慣用的な読みが社会に定着した結果、「巾員」という珍妙な表記が生まれました。

 こうして日本語は乱れていくのです。

《参考リンク》
漢字ペディアで「幅」を調べてみよう。
漢字ペディアで「巾」を調べてみよう。

《著者紹介》
atsuji_muse.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
阿辻哲次(あつじ てつじ)
京都大学名誉教授 ・(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所所長 

1951年大阪府生まれ。 1980年京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。静岡大学助教授、京都産業大学助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会委員として2010年の常用漢字表改定に携わる。2017年6月(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所長就任。専門は中国文化史、中国文字学。人間が何を使って、どのような素材の上に、どのような内容の文章を書いてきたか、その歩みを中国と日本を舞台に考察する。
著書に「戦後日本漢字史」(新潮選書)「漢字道楽」(講談社学術文庫)「漢字のはなし」(岩波ジュニア新書)など多数。

《記事上部画像》
Mary & Wool / PIXTA(ピクスタ)
harako / PIXTA(ピクスタ)

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • 「おもしろ日本語をさがせ!フォトコンテスト」が5/31まで開催中!

    「おもしろ日本語をさがせ!フォトコンテスト」が5/31まで…

     本日は、一般財団法人 出版文化産業振興財団(JP…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り8:「山紫水明」の「紫」の謎

    四字熟語根掘り葉掘り8:「山紫水明」の「紫」の謎

     京都の鴨川の西岸、丸太町通りの少し北に、「山紫水…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り7:母は強くて「自信満々」

    四字熟語根掘り葉掘り7:母は強くて「自信満々」

     ことばとはおもしろいもので、何かを強調すればする…

    記事を読む

  • 文字?イラスト?Twitterやインスタで注目の「漢字絵」とは?

    文字?イラスト?Twitterやインスタで注目の「漢字絵」…

     本日は、SNSで話題の漢字を使った面白い活動をご…

    記事を読む

  • 三省堂からタイガースファン垂涎の国語辞典発売!購入者向けプレゼントキャンペーンも!

    三省堂からタイガースファン垂涎の国語辞典発売!購入者向けプ…

     2月28日に三省堂から『三省堂国語辞典 第七版』…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り6:「意気揚々」はかかあ天下の証し

    四字熟語根掘り葉掘り6:「意気揚々」はかかあ天下の証し

     昔むかし、中国に、晏嬰(あんえい)という人物がお…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

コラム

  • あつじ所長の漢字漫談28 お坊さんと「すいこう」

    あつじ所長の漢字漫談28 お坊さんと「すいこう」

     京都のど真ん中祇園にある漢字ミュージアムの近所に…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り8:「山紫水明」の「紫」の謎

    四字熟語根掘り葉掘り8:「山紫水明」の「紫」の謎

     京都の鴨川の西岸、丸太町通りの少し北に、「山紫水…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談27 甘茶はケーキには勝てない ~「卍」について~

    あつじ所長の漢字漫談27 甘茶はケーキには勝てない ~「卍…

     4月8日は「花祭り」です、といっても最近の子供に…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り7:母は強くて「自信満々」

    四字熟語根掘り葉掘り7:母は強くて「自信満々」

     ことばとはおもしろいもので、何かを強調すればする…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談26 猫は猛獣か

    あつじ所長の漢字漫談26 猫は猛獣か

     だいぶ前ですが、この連載の最初のほうで動物を表す…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り6:「意気揚々」はかかあ天下の証し

    四字熟語根掘り葉掘り6:「意気揚々」はかかあ天下の証し

     昔むかし、中国に、晏嬰(あんえい)という人物がお…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

歴史・文化

  • 京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書と辞書」を開催中。

    京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書と辞書」…

     本日は京都・祇園にある漢検 漢字博物館・図書館(…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談28 お坊さんと「すいこう」

    あつじ所長の漢字漫談28 お坊さんと「すいこう」

     京都のど真ん中祇園にある漢字ミュージアムの近所に…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 ―江戸時代の漢字語―」展がスタート

    漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 ―江戸時…

     鴨川納涼床の設営がはじまり初夏の準備が進む京都か…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談27 甘茶はケーキには勝てない ~「卍」について~

    あつじ所長の漢字漫談27 甘茶はケーキには勝てない ~「卍…

     4月8日は「花祭り」です、といっても最近の子供に…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談26 猫は猛獣か

    あつじ所長の漢字漫談26 猫は猛獣か

     だいぶ前ですが、この連載の最初のほうで動物を表す…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談25 なんと傲慢な文章!

    あつじ所長の漢字漫談25 なんと傲慢な文章!

     昨年の暮れもかなり押しつまったころ、世間の多忙を…

    記事を読む

歴史・文化記事一覧へ

PR記事
  • 京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書と辞書」を開催中。

    京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 ―江戸時代の漢字語―」展がスタート

    漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 …

    記事を読む

  • 漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」が正式に発足。

    漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」…

    記事を読む

  • 3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウムを開催!ありそうでなかった学会が発足します。

    3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウム…

    記事を読む

  • 3/21ゴルゴ松本さんによる「命の授業」開催!(漢字ミュージアム)

    3/21ゴルゴ松本さんによる「命の授業」開催!(漢…

    記事を読む

最新記事
  • 「おもしろ日本語をさがせ!フォトコンテスト」が5/31まで開催中!

    「おもしろ日本語をさがせ!フォトコンテスト」が5/31まで…

    記事を読む

  • 京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書と辞書」を開催中。

    京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書と辞書」…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談28 お坊さんと「すいこう」

    あつじ所長の漢字漫談28 お坊さんと「すいこう」

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 ―江戸時代の漢字語―」展がスタート

    漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 ―江戸時…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り8:「山紫水明」の「紫」の謎

    四字熟語根掘り葉掘り8:「山紫水明」の「紫」の謎

    記事を読む

  • 漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」が正式に発足。

    漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」が正式に…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談27 甘茶はケーキには勝てない ~「卍」について~

    あつじ所長の漢字漫談27 甘茶はケーキには勝てない ~「卍…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り7:母は強くて「自信満々」

    四字熟語根掘り葉掘り7:母は強くて「自信満々」

    記事を読む

  • 文字?イラスト?Twitterやインスタで注目の「漢字絵」とは?

    文字?イラスト?Twitterやインスタで注目の「漢字絵」…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談26 猫は猛獣か

    あつじ所長の漢字漫談26 猫は猛獣か

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.