日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • 暮らし
  • おもしろ
  • コラム
  • 歴史・文化

四字熟語根掘り葉掘り1:ほんとうは6つあった「冠婚葬祭」の話

2018.01.09

四字熟語根掘り葉掘り1:ほんとうは6つあった「冠婚葬祭」の話

 四字熟語と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか。なんだか難しくて厄介な存在だと思っている方もいるかもしれませんね。漢検でもよく出題される分野ですが、苦手という方は多いようです。

 そこで、このたび、辞書編集者の円満字二郎さんに、四字熟語についてのコラムを連載いただくことになりました。四字熟語なんて普段あまり使わないという方にも、四字熟語に隠された意外な歴史や意味を知ることで、「面白い!」と思っていただけたらと思います。記念すべき第1回目のコラムは、私たちの生活に身近な「冠婚葬祭」のお話です。

******************


 辞書作りをしていると、いろいろな〈ことば〉の前で立ち止まり、考え込んでしまうことがあります。このコラムでは、私のそんな経験から、四字熟語に関するあれやこれやを、お話していくことにいたしましょう。

 年が明けると、すぐにやってくるのが成人の日。現在の成人式は、昭和の時代、第二次世界大戦が終わった後になって生まれた風習ですが、大人の仲間入りをしたことを認める儀式は、昔から行われていました。

 古代の中国では、それを「冠(かん)」と呼んでいました。当時、頭に冠をかぶるのは、成人男性の証。男の子は20歳になると、それを初めて着ける儀式を行って、大人の仲間入りをしたのです。

 「冠婚葬祭」の「冠」とは、そのこと。ちなみに「祭」は、〈先祖の霊をおまつりする儀式〉ですから、現在の「法事」にあたります。この四字熟語は、成人の儀式と結婚式、お葬式、そして法事を指しているというわけ。そこから、〈慶弔の儀式〉を広く指して使われるようになりました。

 でも、こうやって分解してみると、結婚したらその次はお葬式だなんて、ずいぶん間をすっ飛ばしている気がしませんか? もちろん、他人の結婚式やお葬式に出ることも多いわけですが、それにしても、ほかに儀式はないんかいな、と思ってしまいます。

 調べてみますと、「冠婚葬祭」は、中国は儒教の経典の1つ、『礼記(らいき)』に基づくことば。その原文は、漢字はちょっと違いますが、次のようになっています。

 「六礼とは、冠・昏・喪・祭・郷・相見なり。」

 やっぱりありましたね! 「冠」「婚」「葬」「祭」以外の儀式が。

 「郷」とは、地元での宴会。「相見」とは、公式の場での顔合わせ。現在にたとえれば、町内会の飲み会と、仕事関係の会合といったところ。これぞ、〈大人の付き合い〉という感じがしてきましたよ。

 つまり、「冠婚葬祭」には、省略されてはいるけれど、さまざまな〈大人の付き合い〉が含まれている、という次第。よきにつけ悪しきにつけ、〈社会人〉というものを感じさせる四字熟語なのです。

<著者紹介>
円満字二郎(えんまんじ じろう)
フリーライター兼編集者。
1967年兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社で約17年間、国語教科書や漢和辞典などの編集担当者として働く。
著書に、『漢字ときあかし辞典』『部首ときあかし辞典』『漢字の使い分けときあかし辞典』(以上、研究社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『知るほどに深くなる漢字のツボ』(青春出版社)など。2018年1月、新著『雨かんむり漢字読本』(草思社)を刊行予定。
●ホームページ:http://bon-emma.my.coocan.jp/

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • 四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

     京都の東山にある方広寺は、その昔、豊臣秀吉が大仏…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

     このたび、「新聞の漢字」についてのコラムを日本経…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

     四字熟語辞典とは、どういう書物でしょうか?  こ…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

    四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

     ある辞書に、どんなことばを収録するか? それは、…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り16:「群雄割拠」と流れ者の英雄

    四字熟語根掘り葉掘り16:「群雄割拠」と流れ者の英雄

     7月17日、将棋の世界に大事件が起こりました。豊…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り15:思い込んだら「拱手傍観」

    四字熟語根掘り葉掘り15:思い込んだら「拱手傍観」

     花火のシーズンになって、浴衣で歩いている人をちら…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

コラム

  • 四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

     京都の東山にある方広寺は、その昔、豊臣秀吉が大仏…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

     このたび、「新聞の漢字」についてのコラムを日本経…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」のか

    あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」の…

     京都の中心部に漢字の博物館を作るという計画をはじ…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

     四字熟語辞典とは、どういう書物でしょうか?  こ…

    記事を読む

  • 漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

    漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

     新聞は月に1回、発行を休む日があります。この日を…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

    あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

     むかしの中国で学問の中心にあったのは儒学の経典、…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

暮らし

  • 四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

     京都の東山にある方広寺は、その昔、豊臣秀吉が大仏…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

     このたび、「新聞の漢字」についてのコラムを日本経…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

     四字熟語辞典とは、どういう書物でしょうか?  こ…

    記事を読む

  • 8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式・公開講演会を開催

    8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式…

     日中韓の政府間協力を推進する日中韓三国協力事務局…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

    四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

     ある辞書に、どんなことばを収録するか? それは、…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り16:「群雄割拠」と流れ者の英雄

    四字熟語根掘り葉掘り16:「群雄割拠」と流れ者の英雄

     7月17日、将棋の世界に大事件が起こりました。豊…

    記事を読む

暮らし記事一覧へ

歴史・文化

  • 漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、ありがとう~」開催中!

    漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、…

     秋の行楽シーズンも始まり、活気づく京都から「漢検…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」のか

    あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」の…

     京都の中心部に漢字の博物館を作るという計画をはじ…

    記事を読む

  • 9月9日 福島県郡山市で笹原宏之先生による講演会

    9月9日 福島県郡山市で笹原宏之先生による講演会

     当協会では、地域における漢字学習の振興に貢献する…

    記事を読む

  • 漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

    漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

     新聞は月に1回、発行を休む日があります。この日を…

    記事を読む

  • 8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式・公開講演会を開催

    8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式…

     日中韓の政府間協力を推進する日中韓三国協力事務局…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

    あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

     むかしの中国で学問の中心にあったのは儒学の経典、…

    記事を読む

歴史・文化記事一覧へ

PR記事
  • 漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、ありがとう~」開催中!

    漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~…

    記事を読む

  • 8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式・公開講演会を開催

    8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出…

    記事を読む

  • 8/6(月)東京で笹原宏之早大教授による教員向けセミナーを開催

    8/6(月)東京で笹原宏之早大教授による教員向けセ…

    記事を読む

  • あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体字の世界ワタ “ナベ”」開催中

    あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/10からスタート!

    漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/…

    記事を読む

最新記事
  • 漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、ありがとう~」開催中!

    漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」のか

    あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」の…

    記事を読む

  • 9月9日 福島県郡山市で笹原宏之先生による講演会

    9月9日 福島県郡山市で笹原宏之先生による講演会

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    記事を読む

  • 漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

    漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

    記事を読む

  • 8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式・公開講演会を開催

    8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

    あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

    四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.