日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • 暮らし
  • おもしろ
  • コラム

四字熟語根掘り葉掘り6:「意気揚々」はかかあ天下の証し

2018.03.19

四字熟語根掘り葉掘り6:「意気揚々」はかかあ天下の証し

 昔むかし、中国に、晏嬰(あんえい)という人物がおりました。この男、小男で風采は上がらないのですが、その実は、大人物。当時の超大国の1つ、斉(せい)という国の宰相を務め、その名声は周辺諸国に鳴り響いておりました。

 晏嬰さんは、外出するときはいつも、大きな屋根が付いた、四頭立ての立派な馬車に乗っています。あるとき、その馬車の御者をしている男の妻が、出かけていく馬車のようすを、門のすきまから眺めておりました。立派な馬車の御者席におさまった夫は、「意気揚々」として、まったく得意なようすです。

 ところが、しばらくして夫が帰ってくると、この妻、なんと、離縁を申し込んだのです!

  彼女の言い分は、こうです。「晏嬰さまは小男だけれど、いかにも思慮深そうで、しかもいつもへりくだっていらっしゃる。それなのに、あなたは図体ばかり立派で、御者の地位にすっかり満足のごようす。そんな人と添い遂げるつもりはありません!」

 ここまで言われたこの夫、以後は、御者の席でふんぞり返ることはなくなりました。すると、さすがは晏嬰さん。その変化に気づきます。わけを聞いて、見どころがあるやつだと思い、ちょっと上級の職に就けてやった、ということです。

 以上は、中国の歴史書『史記』に出て来る、有名なお話。史実としては、紀元前6世紀のできごとです。「意気揚々」とは、ここから生まれた四字熟語で、〈得意になっているようす〉を表します。

 ただ、興味深いのは、この四字熟語は、今でも、「意気揚々と出かける」「意気揚々と引き上げる」など、移動の場面で使われることが多い、ということです。

 昔の人たちにとって、「意気揚々」ということばは、立派な馬車の御者席で、ふんぞりかえって手綱を握っている御者の姿をイメージさせるものだったのでしょう。となると、自分でこの四字熟語を使うときも、勢い、移動の場面が多くなります。

 その結果、後の時代の人たちも、移動の場面で「意気揚々」に接することが多くなり、それが現在まで受け継がれているのではないでしょうか。

 「意気揚々」の中には、2000年以上も前からこのことばを使い続けてきた人たちの体験が、刻み込まれているのです。

<参考リンク>
漢字ペディアで「意気揚揚」を調べよう。

<著者紹介>
円満字二郎(えんまんじ じろう)
フリーライター兼編集者。
1967年兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社で約17年間、国語教科書や漢和辞典などの編集担当者として働く。
著書に、『漢字の使い分けときあかし辞典』(研究社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『知るほどに深くなる漢字のツボ』(青春出版社)、『雨かんむり漢字読本』(草思社)など。
また、東京の学習院さくらアカデミー、名古屋の栄中日文化センターにて、社会人向けの漢字や四字熟語の講座を開催中。4月以降の詳細は、下記へ。
・学習院さくらアカデミー:漢字(http://g-sakura-academy.jp/course/detail/2018/A/020/
・学習院さくらアカデミー:四字熟語(http://g-sakura-academy.jp/course/detail/2018/A/021/
・栄中日文化センター:漢字(http://www.chunichi-culture.com/programs/program_174268.html

●ホームページ:http://bon-emma.my.coocan.jp/

<記事画像>
四川漢代画像磚

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体字の世界ワタ “ナベ”」開催中

    あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体字の世界…

     京都・祇園にある漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミ…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひどい!

    四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひど…

      四字熟語の魅力は、なんといっても、深い内容をた…

    記事を読む

  • 子どもから大人まで楽しく学べる「漢字イージャン」とは!?

    子どもから大人まで楽しく学べる「漢字イージャン」とは!?

     常に漢字に関するオモシロ情報を求めている「漢字カ…

    記事を読む

  • 第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタート!

    第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタ…

     公益財団法人 日本漢字能力検定協会は、6月1日(…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り13:捨てがたかった「勇気百倍」

    四字熟語根掘り葉掘り13:捨てがたかった「勇気百倍」

     辞書編集で最も頭を悩ませる作業の1つに、その辞書…

    記事を読む

  • 国立国語研究所が7/14(土)に「ニホンゴ探検2018」を開催。

    国立国語研究所が7/14(土)に「ニホンゴ探検2018」を…

     いよいよ夏休みも迫ってきました。お子さんとどこに…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

コラム

  • あつじ所長の漢字漫談35 激辛もほどほどに

    あつじ所長の漢字漫談35 激辛もほどほどに

     見通しのよい海岸に立つと、はるか向こうに水平線が…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひどい!

    四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひど…

      四字熟語の魅力は、なんといっても、深い内容をた…

    記事を読む

  • 漢字コラム39「若」草冠は草ではない? 

    漢字コラム39「若」草冠は草ではない? 

     「若」は「草冠(艸)」と「右」の組み合わせででき…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談34 「こざと」と「おおざと」はどこがちがうか?

    あつじ所長の漢字漫談34 「こざと」と「おおざと」はどこが…

     通勤電車に乗っていると、途中の駅から乗ってきた二…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り13:捨てがたかった「勇気百倍」

    四字熟語根掘り葉掘り13:捨てがたかった「勇気百倍」

     辞書編集で最も頭を悩ませる作業の1つに、その辞書…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙丁魚の関係

    あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙…

     漢字ミュージアムは平成30年6月末で開館2周年を…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

暮らし

  • 四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひどい!

    四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひど…

      四字熟語の魅力は、なんといっても、深い内容をた…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り13:捨てがたかった「勇気百倍」

    四字熟語根掘り葉掘り13:捨てがたかった「勇気百倍」

     辞書編集で最も頭を悩ませる作業の1つに、その辞書…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

    四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

     四字熟語の中には、中国の古い本に出て来るお話から…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

    四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

     漢字とは不思議なもので、それまで何の疑問も抱いて…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

    四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

     「もうこうなったら、一蓮托生(いちれんたくしょう…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り9:「頭寒足熱」とオランダの名医

    四字熟語根掘り葉掘り9:「頭寒足熱」とオランダの名医

     18世紀のオランダに、ヘルマン・ブールハーフェと…

    記事を読む

暮らし記事一覧へ

PR記事
  • あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体字の世界ワタ “ナベ”」開催中

    あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/10からスタート!

    漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/…

    記事を読む

  • 平成30年度 「漢検漢字文化研究奨励賞」 募集スタート!

    平成30年度 「漢検漢字文化研究奨励賞」 募集スタ…

    記事を読む

  • 第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタート!

    第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募…

    記事を読む

  • 5月開講:東洋文庫アカデミア「漢検漢字文化研究所東京講座」

    5月開講:東洋文庫アカデミア「漢検漢字文化研究所東…

    記事を読む

最新記事
  • 9/30 新潟県三条市で「第1回諸橋轍次記念漢字文化理解力検定」を開催

    9/30 新潟県三条市で「第1回諸橋轍次記念漢字文化理解力…

    記事を読む

  • あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体字の世界ワタ “ナベ”」開催中

    あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体字の世界…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談35 激辛もほどほどに

    あつじ所長の漢字漫談35 激辛もほどほどに

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひどい!

    四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひど…

    記事を読む

  • 漢字コラム39「若」草冠は草ではない? 

    漢字コラム39「若」草冠は草ではない? 

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/10からスタート!

    漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/10から…

    記事を読む

  • 夏休み、福井県で子ども向け白川文字学イベントが開催!

    夏休み、福井県で子ども向け白川文字学イベントが開催!

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談34 「こざと」と「おおざと」はどこがちがうか?

    あつじ所長の漢字漫談34 「こざと」と「おおざと」はどこが…

    記事を読む

  • 平成30年度 「漢検漢字文化研究奨励賞」 募集スタート!

    平成30年度 「漢検漢字文化研究奨励賞」 募集スタート!

    記事を読む

  • 子どもから大人まで楽しく学べる「漢字イージャン」とは!?

    子どもから大人まで楽しく学べる「漢字イージャン」とは!?

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.