日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • 暮らし
  • おもしろ
  • コラム

四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひどい!

2018.07.09

四字熟語根掘り葉掘り14:「人面獣心」はピストルよりもひどい!

  四字熟語の魅力は、なんといっても、深い内容をたった漢字四文字で表現できる、という点にあります。圧縮された濃密な表現が、独特の力強さを生むのです。ここぞというときに四字熟語を使うと文章が引き締まるのは、そのためです。

 この独特の力強さは、他人を批判する場合にも、もちろん有効です。ただ、時には、他人を大きく傷つけてしまうこともありますから、注意が必要です。

 さて、大正時代のこと。夫の暴力に耐えかねて、離婚したいと裁判所に訴え出た妻がいました。なんでも、この夫、妻を殴打し、短銃で脅したといいますから、現在であれば完全なDVです。

 当時の民法では、伝統的な「家」の観念が強く、「家長」たる夫に認められている権威は、今からは想像できないほど強いものがありました。しかし、そんな時代であっても、この夫の行動はNG。裁判の結果、妻からの訴えどおり、離婚が認められたのでした。

 しかし、夫は納得せず、控訴しました。その判決が、1915(大正5)年の10月19日に、東京控訴院民事第3部というところで、言い渡されています。今回も、もちろん妻が勝訴したのですが、その判決文に、ちょっとおもしろいことが書いてあります。

 妻からの離婚の訴えを認める主な理由は、DVではありません。夫が知り合いに宛てた手紙の中で、義理の父親のことを「人面獣心(じんめんじゅうしん、にんめんじゅうしん)」だと書き記したことが、離婚の理由として十分だ、と判断されたのです。

 調べてみますと、当時の民法には、「配偶者ガ自己ノ直系尊属ニ対シテ重大ナル侮辱ヲ加ヘタル」場合には離婚が認められる、という規定があります。「直系尊属」とは、両親や祖父母などのこと。両親や祖父母を侮辱されたら、もう夫婦としてはやっていけない、という考え方は、これまた、「親」というものを大事にする伝統的な価値観の表れでありましょう。

 とはいえ、この夫が書いた手紙の文章が、「人面獣心」という四字熟語は使わない、たとえば「妻の父は、見かけは人間だが心は動物みたいだ」であったとしたら、そこまでひどい侮辱だとは受け取られなかったかもしれません。

 四字熟語には、強い表現力があります。だからこそ、他人を批判する場面で使う際には、その表現力が必要以上に働くことがないよう、くれぐれも気をつけましょう。

<参考リンク>
漢字ペディアで「人面獣心」を調べよう。

<著者紹介>
円満字二郎(えんまんじ じろう)
フリーライター兼編集者。
1967年兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社で約17年間、国語教科書や漢和辞典などの編集担当者として働く。
著書に、『漢字の使い分けときあかし辞典』(研究社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『知るほどに深くなる漢字のツボ』(青春出版社)、『雨かんむり漢字読本』(草思社)など。
また、東京の学習院さくらアカデミー、名古屋の栄中日文化センターにて、社会人向けの漢字や四字熟語の講座を開催中。

●ホームページ:http://bon-emma.my.coocan.jp/

<記事画像>
著者作成

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • 四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

     京都の東山にある方広寺は、その昔、豊臣秀吉が大仏…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

     このたび、「新聞の漢字」についてのコラムを日本経…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

     四字熟語辞典とは、どういう書物でしょうか?  こ…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

    四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

     ある辞書に、どんなことばを収録するか? それは、…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り16:「群雄割拠」と流れ者の英雄

    四字熟語根掘り葉掘り16:「群雄割拠」と流れ者の英雄

     7月17日、将棋の世界に大事件が起こりました。豊…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り15:思い込んだら「拱手傍観」

    四字熟語根掘り葉掘り15:思い込んだら「拱手傍観」

     花火のシーズンになって、浴衣で歩いている人をちら…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

コラム

  • 四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

     京都の東山にある方広寺は、その昔、豊臣秀吉が大仏…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

     このたび、「新聞の漢字」についてのコラムを日本経…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」のか

    あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」の…

     京都の中心部に漢字の博物館を作るという計画をはじ…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

     四字熟語辞典とは、どういう書物でしょうか?  こ…

    記事を読む

  • 漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

    漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

     新聞は月に1回、発行を休む日があります。この日を…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

    あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

     むかしの中国で学問の中心にあったのは儒学の経典、…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

暮らし

  • 四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

     京都の東山にある方広寺は、その昔、豊臣秀吉が大仏…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

     このたび、「新聞の漢字」についてのコラムを日本経…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

     四字熟語辞典とは、どういう書物でしょうか?  こ…

    記事を読む

  • 8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式・公開講演会を開催

    8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式…

     日中韓の政府間協力を推進する日中韓三国協力事務局…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

    四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

     ある辞書に、どんなことばを収録するか? それは、…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り16:「群雄割拠」と流れ者の英雄

    四字熟語根掘り葉掘り16:「群雄割拠」と流れ者の英雄

     7月17日、将棋の世界に大事件が起こりました。豊…

    記事を読む

暮らし記事一覧へ

PR記事
  • 漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、ありがとう~」開催中!

    漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~…

    記事を読む

  • 8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式・公開講演会を開催

    8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出…

    記事を読む

  • 8/6(月)東京で笹原宏之早大教授による教員向けセミナーを開催

    8/6(月)東京で笹原宏之早大教授による教員向けセ…

    記事を読む

  • あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体字の世界ワタ “ナベ”」開催中

    あのナベさんは、どのナベ?漢字ミュージアムで「異体…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/10からスタート!

    漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/…

    記事を読む

最新記事
  • 漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、ありがとう~」開催中!

    漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    四字熟語根掘り葉掘り19:なんだかきな臭い「物情騒然」

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    新聞漢字あれこれ1 出現頻度数第1位の漢字とは?

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」のか

    あつじ所長の漢字漫談39 「温故知新」は、なぜ「温める」の…

    記事を読む

  • 9月9日 福島県郡山市で笹原宏之先生による講演会

    9月9日 福島県郡山市で笹原宏之先生による講演会

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    四字熟語根掘り葉掘り18:「風林火山」をどう説明するか?

    記事を読む

  • 漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

    漢字コラム40「刊」間違ったら削って修正 

    記事を読む

  • 8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式・公開講演会を開催

    8月27日漢字ミュージアムで『日中韓共通語彙集』出版記念式…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

    あつじ所長の漢字漫談38 「藝」と「芸」と「艺」について

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

    四字熟語根掘り葉掘り17:意外と盲点?「白昼堂々」の話

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.