日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • イベント・キャンペーン
  • おもしろ
  • 研究

漢字ミュージアム企画展「みんなの創作“感”字展 ~私たちは昔から漢字遊びが好きだった~」がスタート!

2017.03.24

漢字ミュージアム企画展「みんなの創作“感”字展 ~私たちは昔から漢字遊びが好きだった~」がスタート!

 漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)では、2017年3月22日(水)から、企画展「みんなの創作“感”字展 ~私たちは昔から漢字遊びが好きだった~」を開催しています。

 漢字は中国から日本に伝わったものですが、奈良時代ごろから、日本人は自分たちの感覚によりしっくりくる漢字を新たに作ってもきました。そうして作られた創作漢字がみんなに広まり、継承されてきたものが、現在私たちが使っている「国字」です。私たちが創作漢字を作るのは、奈良時代から日本人に受け継がれた行為なのですね。

 創作漢字は歴史を通じてずっと作られてきましたが、特に江戸時代には漢字を使った遊びが大流行しました。この企画展では、当時の漢字遊びの書『小野【バカムラ】【ウソ】字尽』を展示・解説しています。当時の漢字学習の教科書である『小野篁歌字尽(おののたかむらうたじづくし)』をパロディにしたこの書には、

  176tsubute.png 
       」
(読み:つぶて)
(石を小さく書いているので、小さい石、つまり「つぶて」と読ませている)

など、ついつい納得してしまうような創作漢字がたくさん。

 また、同じく展示・解説されている『大しんぱんどん字づくし』に見られるのは、漢字を使った謎かけのようなもの。例えば、

「冂」(読み:るす)。

 なぜ、これを「るす」と読ませるのか?その心は…。「内」という漢字から、「人」が消えているので、「うちにひとがいない」、だから「るす」と読むのだ。

 うーむ、ざぶとん一枚!こういった漢字遊びの中を体験できるコーナーも用意しています。


 さらに、漢字ミュージアムの人気展示の一つ「漢字をつくろう」に寄せられた創作漢字も一堂に展示。単におもしろいものを選ぶだけではなく、その創作漢字がどのようにして作られているかを分析し、伝統的な漢字の作り方と比較しながら解説しています。

 皆さんも、「こんな漢字が本当にあったらいいな~」と思うことうけあい。秀逸な創作漢字20点のうち、投票でグランプリを決めるという企画も同時開催しています。

 2017年5月14日(日)には、この企画展の監修者である国字研究の泰斗・早稲田大学教授笹原宏之先生をお迎えし、企画展関連講演会「国字と創作漢字 ―古来の伝統と斬新な発想―」も開催します。

 最初は個人が作った創作漢字が、皆に使われるようになると、市民権を得て国字になります。展示された創作漢字も、いつか辞書に載る日が来るかもしれませんね。

 開催期間は2017年6月18日(日)まで。春の行楽を兼ねてぜひ「漢字ミュージアム」へお越し下さい。

176ono.jpg

176rank.jpg


 詳細情報は漢字ミュージアムホームページをご覧ください https://www.kanjimuseum.kyoto/event/#kikaku

《企画展 概要》
『みんなの創作“感”字展』~私たちは昔から漢字遊びが好きだった~
期間 : 2017年3月22日(水)~6月18日(日)
場所:漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム) 2階企画展示スペース
入場料:漢検 漢字博物館・図書館の入館料をお支払いの方は企画展に入場可能。

展示内容  
・江戸時代に流行した「嘘字(うそじ)」遊びや「鈍字(どんじ)」遊び資料の展示
・クイズ形式で漢字遊びを体験できるコーナー
・2016年6月開館以来 来館者から寄せられた創作漢字(約6000字)の展示
・創作漢字を学問的に分析して現代人の漢字意識について解説

監修 :早稲田大学社会科学総合学術院 教授 笹原宏之先生

《企画展関連 講演会》
講演名:「国字と創作漢字-古来の伝統と斬新な発想-」
講師:笹原宏之先生 早稲田大学社会科学総合学術院 教授
日時:2017年5月14日(日)13:30~15:00
開催場所:漢字ミュージアム1階多目的室
聴講料:¥1,500-(入館料込) (年間パスポートお持ちの方¥800-)
受講申し込み:漢字ミュージアムホームページ「国字と創作漢字」受講申し込みフォーム からお申込み下さい。
※電話(075-757-8686)または券売受付でも受付中

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • 新聞漢字あれこれ11 愛知県になぜ「金」の名前が多いのか

    新聞漢字あれこれ11 愛知県になぜ「金」の名前が多いのか

     愛知県には金偏の名前の人が多い――。こんな話を聞…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り29:「三寒四温」の微妙なうつろい

    四字熟語根掘り葉掘り29:「三寒四温」の微妙なうつろい

     2月は、1年のうちで最も寒い時期。と同時に、春の…

    記事を読む

  • 漢検協会発!楽しく学べる漢字アプリがリリース!

    漢検協会発!楽しく学べる漢字アプリがリリース!

     1月16日、無料の漢字学習アプリ「いちまると旅し…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ10 ロシアを漢字1字で表すと…

    新聞漢字あれこれ10 ロシアを漢字1字で表すと…

     1月22日、安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り28:「意馬心猿」に救われた話

    四字熟語根掘り葉掘り28:「意馬心猿」に救われた話

     仏教の世界では、頭や心が悩み乱れている状態を、暴…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム 冬の企画展「漢ジ(字)ム!トレーニング」で体力づくり!?

    漢字ミュージアム 冬の企画展「漢ジ(字)ム!トレーニング」…

     冬真っただ中の1月、まだまだ寒い日が続きますね。…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

イベント・キャンペーン

  • 第6回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」受賞作品発表!

    第6回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」受賞作品発表!

     公益財団法人 日本漢字能力検定協会が主催し、今年…

    記事を読む

  • 2/17(日) 漢検×日本語教育学会のワークショップを京都で開催

    2/17(日) 漢検×日本語教育学会のワークショップを京都…

     日本漢字能力検定協会(以下、当協会)と日本語教育…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム 冬の企画展「漢ジ(字)ム!トレーニング」で体力づくり!?

    漢字ミュージアム 冬の企画展「漢ジ(字)ム!トレーニング」…

     冬真っただ中の1月、まだまだ寒い日が続きますね。…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム 秋の企画展より、「翻訳事始」レポート~後編~

    漢字ミュージアム 秋の企画展より、「翻訳事始」レポート~後…

     京都・祇園にある漢字ミュージアムにて、2018年…

    記事を読む

  • 2018年「今年の漢字」は「災」。漢字に込められた想いとは

    2018年「今年の漢字」は「災」。漢字に込められた想いとは

     当協会は、12月12日の漢字の日に京都・清水寺奥…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム 秋の企画展より、「翻訳事始」レポート~前編~

    漢字ミュージアム 秋の企画展より、「翻訳事始」レポート~前…

     京都・祇園にある漢字ミュージアムにて、2018年…

    記事を読む

イベント・キャンペーン記事一覧へ

研究

  • 2/17(日) 漢検×日本語教育学会のワークショップを京都で開催

    2/17(日) 漢検×日本語教育学会のワークショップを京都…

     日本漢字能力検定協会(以下、当協会)と日本語教育…

    記事を読む

  • 日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催されました。

    日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催されました…

     「日本漢字学会」の第1回研究大会が12月1日(土…

    記事を読む

  • 1/12(土) 漢検×日本語教育学会のシンポジウムを東京で開催

    1/12(土) 漢検×日本語教育学会のシンポジウムを東京で…

     日本漢字能力検定協会(以下、当協会)と日本語教育…

    記事を読む

  • 11月28日、大修館書店から『大漢和辞典デジタル版』がついに発売!

    11月28日、大修館書店から『大漢和辞典デジタル版』がつい…

     全15巻、約5万字の親字が収録されている大修館書…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/10からスタート!

    漢字ミュージアム夏休み企画「漢字の宝島大冒険」7/10から…

     祇園祭で盛り上がる京都から、夏休みの「漢検 漢字…

    記事を読む

  • 平成30年度 「漢検漢字文化研究奨励賞」 募集スタート!

    平成30年度 「漢検漢字文化研究奨励賞」 募集スタート!

     公益財団法人 日本漢字能力検定協会は、若手研究者…

    記事を読む

研究記事一覧へ

PR記事
  • 2/17(日) 漢検×日本語教育学会のワークショップを京都で開催

    2/17(日) 漢検×日本語教育学会のワークショッ…

    記事を読む

  • 日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催されました。

    日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催さ…

    記事を読む

  • 1/12(土) 漢検×日本語教育学会のシンポジウムを東京で開催

    1/12(土) 漢検×日本語教育学会のシンポジウム…

    記事を読む

  • あなたの一票で決まる!2018年「今年の漢字」の募集がスタート!

    あなたの一票で決まる!2018年「今年の漢字」の募…

    記事を読む

  • 12月1日・2日 京都大学で日本漢字学会第1回研究大会が開催されます。

    12月1日・2日 京都大学で日本漢字学会第1回研究…

    記事を読む

最新記事
  • 第6回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」受賞作品発表!

    第6回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」受賞作品発表!

    記事を読む

  • 漢字コラム43「幸」手枷をはめられて、なお求めるしあわせ

    漢字コラム43「幸」手枷をはめられて、なお求めるしあわせ

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談46 「漢」と「法」はなぜさんずいへんか?

    あつじ所長の漢字漫談46 「漢」と「法」はなぜさんずいへん…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ11 愛知県になぜ「金」の名前が多いのか

    新聞漢字あれこれ11 愛知県になぜ「金」の名前が多いのか

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り29:「三寒四温」の微妙なうつろい

    四字熟語根掘り葉掘り29:「三寒四温」の微妙なうつろい

    記事を読む

  • 漢検協会発!楽しく学べる漢字アプリがリリース!

    漢検協会発!楽しく学べる漢字アプリがリリース!

    記事を読む

  • 2/17(日) 漢検×日本語教育学会のワークショップを京都で開催

    2/17(日) 漢検×日本語教育学会のワークショップを京都…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ10 ロシアを漢字1字で表すと…

    新聞漢字あれこれ10 ロシアを漢字1字で表すと…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談45 虫を閉じこめる庚申

    あつじ所長の漢字漫談45 虫を閉じこめる庚申

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り28:「意馬心猿」に救われた話

    四字熟語根掘り葉掘り28:「意馬心猿」に救われた話

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.