日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • コラム
  • 歴史・文化
  • 研究

あつじ所長の漢字漫談7 皆既日食と即席ラーメン

2017.09.08

あつじ所長の漢字漫談7 皆既日食と即席ラーメン

 8月17日にアメリカで皆既日食が見られたというニュースがありました。日食が西のオレゴン州から東に移動してゆくにつれて、全米各地で日食を見る人々の姿がニュースで報じられ、なにかと物議をかもしている大統領夫妻も、ホワイトハウスのベランダから珍しそうに日食の様子を眺めていましたね。  この「日食」は、もともと「日蝕」と書かれました。「蝕」は《食》と《虫》からできており、虫が食品をかじることですから、「日蝕」とは文字通り「太陽が虫食い状態になる」ことですが、昭和21年にできた「当用漢字表」に「蝕」が入らなかったので公用文などでは使えなくなり、それで「蝕」の書き換え字として「食」を使って、「日食」と書かれるようになりました。

 「日食」という書き方はそれでわかったとして、では「皆既」とはいったいどういう意味でしょうか? 「皆」も「既」もおなじみの漢字で、「既」は一般的には「すでに」という意味で使われますが、「みんなすでに」では「皆既」はわかりません。実は「既」には「~~しつくす」という意味があって、「皆既」とは「すっからかんに~~してしまう」という意味なのです。

 「既」という漢字は甲骨文字からすでに存在し、そしてそれは「即」という字と非常に密接な関係をもっていました。

   ここで話は大きくかわりますが、かつて「中華そば」は、たまの外食時に中華料理屋さんで食べるか、または出前で取り寄せる「ごちそう」のひとつでした。そんな時にある食品メーカーが「即席ラーメン」(インスタント・ラーメン)を売り出しました。昭和33年のことでした。その時のインスタント・ラーメンは、麺をそのままドンブリに入れ、熱湯をかけてふたをし、しばらく待てばできあがりという簡単なもので、具どころか薬味すらついていませんでしたが、湯をかけるだけという手軽さがうけ、物珍しさも手伝って、この即席ラーメンは爆発的に売れました。

 私も受験時代の夜食にはこれにずいぶんお世話になりました。夕食をしっかり食べたはずなのに、夜中の12時を回ると空腹になってきます。そんなときは深夜の台所でお湯を沸かし、ドンブリにいれた麺に熱湯をかけ、3分間が待てずにまだ固いのをかまわずに熱いスープとすする、・・決しておいしいものではありませんでしたが、冬の寒い晩には至福といえる時間でした。



 古い時代の漢字を研究しはじめ、「即」という字に出あった時には、そんな受験時代の思い出があざやかに脳裏によみがえったものでした。「即」の左半分にある《皀》は足のついた台に食物が盛りあげられた形であり、いっぽう右半分の《卩》は、ひざまずいた人が口を大きく開けて、今にもその食物に食らいつこうとしている形を表しています。この形からこの字は「(食事の席に)即く」という意味になり、さらに「今すぐこれから・まもなく」という意味を示します。



 そしてその人が顔を反対側に向けると、それが「既」という字になります。「即」と「既」はこのように兄弟の関係にある字で、「即」でも左にあった《皀》はご馳走を表しますが、その右にある《旡》は、ひざまずいた人が口を食物の方から反対方向にそむけた形を示しています。つまりこの字はもうおなかいっぱいで、食品から顔をそむけることを表しており、そこから「事柄がすでに終了した」という意味で使われるようになりました。 「皆既日蝕」の「既」は、まさにその「すべて終わってしまった」という意味で使われているのです。

《参考リンク》
・漢字ペディアで「即」を調べよう
・漢字ペディアで「既」を調べよう

《著者紹介》
atsuji_muse.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
阿辻哲次(あつじ てつじ)
京都大学名誉教授 ・(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所所長

1951年大阪府生まれ。 1980年京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。静岡大学助教授、京都産業大学助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会委員として2010年の常用漢字表改定に携わる。2017年6月(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所長就任。専門は中国文化史、中国文字学。人間が何を使って、どのような素材の上に、どのような内容の文章を書いてきたか、その歩みを中国と日本を舞台に考察する。
著書に「戦後日本漢字史」(新潮選書)「漢字道楽」(講談社学術文庫)「漢字のはなし」(岩波ジュニア新書)など多数。

《掲載資料出典》
図版『甲骨文字典』北京工芸美術出版社、2010年

《記事上部写真》
 記事上部:jFrog / PIXTA(ピクスタ)

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

コラム

  • あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙丁魚の関係

    あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙…

     漢字ミュージアムは平成30年6月末で開館2周年を…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

    四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

     四字熟語の中には、中国の古い本に出て来るお話から…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」ってなんのこと?

    あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」って…

     標高2450mの高地にある室堂平(富山県)は世界…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

    四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

     漢字とは不思議なもので、それまで何の疑問も抱いて…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

    あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

     非常に古い時代に仏教が国の中心的な宗教になってか…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

    四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

     「もうこうなったら、一蓮托生(いちれんたくしょう…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

歴史・文化

  • あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙丁魚の関係

    あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙…

     漢字ミュージアムは平成30年6月末で開館2周年を…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」ってなんのこと?

    あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」って…

     標高2450mの高地にある室堂平(富山県)は世界…

    記事を読む

  • 6月10日 福島県郡山市で阿辻哲次先生による講演会

    6月10日 福島県郡山市で阿辻哲次先生による講演会

     当協会では、地域における漢字学習の振興に貢献する…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

    あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

     非常に古い時代に仏教が国の中心的な宗教になってか…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談30 「珍しい貝」を表す漢字 ― アイデア漢字の「衝突」

    あつじ所長の漢字漫談30 「珍しい貝」を表す漢字 ― アイ…

     10年以上も前のことですが、徳島県の文化講座から…

    記事を読む

  • 宮崎市で安井息軒の著作を読む講座が開催!5月~8月までの連続講座。

    宮崎市で安井息軒の著作を読む講座が開催!5月~8月までの連…

     当協会では、地域における漢字学習の振興に貢献する…

    記事を読む

歴史・文化記事一覧へ

研究

  • 国研が「ことば」を楽しむサイト『ことば研究館』をオープン!

    国研が「ことば」を楽しむサイト『ことば研究館』をオープン!

     大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究…

    記事を読む

  • 京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書と辞書」を開催中。

    京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書と辞書」…

     本日は京都・祇園にある漢検 漢字博物館・図書館(…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 ―江戸時代の漢字語―」展がスタート

    漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 ―江戸時…

     鴨川納涼床の設営がはじまり初夏の準備が進む京都か…

    記事を読む

  • 漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」が正式に発足。

    漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」が正式に…

     2018年3月29日に京都大学で「日本漢字学会」…

    記事を読む

  • 3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウムを開催!ありそうでなかった学会が発足します。

    3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウムを開催!…

     公益財団法人 日本漢字能力検定協会では、漢検 漢…

    記事を読む

  • 3/17に国研でシンポジウム「顕在化する多言語社会日本」が開催

    3/17に国研でシンポジウム「顕在化する多言語社会日本」が…

     3月17日(日)に国立国語研究所にて、シンポジウ…

    記事を読む

研究記事一覧へ

PR記事
  • 第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタート!

    第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募…

    記事を読む

  • 5月開講:東洋文庫アカデミア「漢検漢字文化研究所東京講座」

    5月開講:東洋文庫アカデミア「漢検漢字文化研究所東…

    記事を読む

  • 2018年4月より漢字ミュージアムで「加地伸行先生の論語講座(第3弾)」開講!

    2018年4月より漢字ミュージアムで「加地伸行先生…

    記事を読む

  • 京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書と辞書」を開催中。

    京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 ―江戸時代の漢字語―」展がスタート

    漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 …

    記事を読む

最新記事
  • あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙丁魚の関係

    あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙…

    記事を読む

  • 国研が「ことば」を楽しむサイト『ことば研究館』をオープン!

    国研が「ことば」を楽しむサイト『ことば研究館』をオープン!

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

    四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

    記事を読む

  • エポック社が漢字部首のカプセルトイを発売!

    エポック社が漢字部首のカプセルトイを発売!

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」ってなんのこと?

    あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」って…

    記事を読む

  • 第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタート!

    第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタ…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

    四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

    記事を読む

  • 6月10日 福島県郡山市で阿辻哲次先生による講演会

    6月10日 福島県郡山市で阿辻哲次先生による講演会

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

    あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

    四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.