日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • 暮らし
  • おもしろ
  • コラム

四字熟語根掘り葉掘り8:「山紫水明」の「紫」の謎

2018.04.16

四字熟語根掘り葉掘り8:「山紫水明」の「紫」の謎

 京都の鴨川の西岸、丸太町通りの少し北に、「山紫水明処」という建物があります。江戸時代の文人、頼山陽(らい・さんよう)の書斎があったところです。

 頼山陽は、この場所からの眺めがとても気に入り、自作の漢詩で「最も佳(よ)し、山紫水明の間」とうたっています。書斎の名前は、それにちなんだもの。ここから、「山紫水明」は〈山や水辺に囲まれた美しい景色〉を表す四字熟語となりました。

 「水明」とは、日光を浴びて鴨川の水面がキラキラと輝いている風景。とすれば、「山紫」で描かれているのは昼間の東山でしょうか? ただ、青や緑ならともかく、太陽に照らされた山が「紫」に見えるとは、具体的には、どのような情景を指しているのでしょう……。

 辞書の原稿書きをしていると、ときどき、こういう何でもないところでつまずいてしまうことがあります。そこで、ああでもない、こうでもないと考えるわけですが、この謎の場合、私が現在、考えている答えは、2つあります。

 1つめは、この漢詩で、「山紫水明」の直前に「黄樹青林(こうじゅせいりん)」とうたわれている点から思いついたもの。「黄樹」は、ふつうは紅葉した樹木を指しますが、だとすると、「青林」と季節が合いません。

 これは、頼山陽の季節感がヘンなのではなくて、1句の中に2つの季節がうたわれているのだ、と解釈すべきでしょう。頼山陽は書斎から、紅葉の季節も青葉の季節も眺めをたのしんでいる、というわけです。

 であるならば、「山紫水明」にも2つの時間帯がうたい込まれている、と考えてみるのはどうでしょうか。真っ昼間の鴨川と、夕暮れの東山。暮れなずむ山々であれば、「紫」と表現しても、おかしくはありません。

 もう1つの答えは、京都の地図を眺めていて気づいたもの。「山紫水明処」の東には鴨川が流れていますが、西にほんの100メートルほど行けば、そこには御所があるのです。「紫」とは、昔から、天皇を象徴する貴い色。「山紫」とは、実は御所のことを指しているのではないでしょうか?

 こういう疑問には、いわゆる〈正解〉はありません。折にふれて、いろいろと考えてみるのが、たのしいのです。みなさんも、京都にお出かけの際には、現地を歩いて、いろいろと考えてみてはいかがでしょうか?

<参考リンク>
漢字ペディアで「山紫水明」を調べよう。

<著者紹介>
円満字二郎(えんまんじ じろう)
フリーライター兼編集者。
1967年兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社で約17年間、国語教科書や漢和辞典などの編集担当者として働く。
著書に、『漢字の使い分けときあかし辞典』(研究社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『知るほどに深くなる漢字のツボ』(青春出版社)、『雨かんむり漢字読本』(草思社)など。
また、東京の学習院さくらアカデミー、名古屋の栄中日文化センターにて、社会人向けの漢字や四字熟語の講座を開催中。4月以降の詳細は、下記へ。
・学習院さくらアカデミー:漢字(http://g-sakura-academy.jp/course/detail/2018/A/020/
・学習院さくらアカデミー:四字熟語(http://g-sakura-academy.jp/course/detail/2018/A/021/
・栄中日文化センター:漢字(http://www.chunichi-culture.com/programs/program_174268.html

●ホームページ:http://bon-emma.my.coocan.jp/

<記事画像>
京都 鴨川越しに見える東山 (2018年3月著者撮影)

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • 国研が「ことば」を楽しむサイト『ことば研究館』をオープン!

    国研が「ことば」を楽しむサイト『ことば研究館』をオープン!

     大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

    四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

     四字熟語の中には、中国の古い本に出て来るお話から…

    記事を読む

  • エポック社が漢字部首のカプセルトイを発売!

    エポック社が漢字部首のカプセルトイを発売!

     子ども向け玩具で知られるエポック社から、漢字ファ…

    記事を読む

  • 第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタート!

    第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタ…

     公益財団法人 日本漢字能力検定協会は、6月1日(…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

    四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

     漢字とは不思議なもので、それまで何の疑問も抱いて…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

    四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

     「もうこうなったら、一蓮托生(いちれんたくしょう…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

コラム

  • あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙丁魚の関係

    あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙…

     漢字ミュージアムは平成30年6月末で開館2周年を…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

    四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

     四字熟語の中には、中国の古い本に出て来るお話から…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」ってなんのこと?

    あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」って…

     標高2450mの高地にある室堂平(富山県)は世界…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

    四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

     漢字とは不思議なもので、それまで何の疑問も抱いて…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

    あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

     非常に古い時代に仏教が国の中心的な宗教になってか…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

    四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

     「もうこうなったら、一蓮托生(いちれんたくしょう…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

暮らし

  • 四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

    四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

     四字熟語の中には、中国の古い本に出て来るお話から…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

    四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

     漢字とは不思議なもので、それまで何の疑問も抱いて…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

    四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

     「もうこうなったら、一蓮托生(いちれんたくしょう…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り9:「頭寒足熱」とオランダの名医

    四字熟語根掘り葉掘り9:「頭寒足熱」とオランダの名医

     18世紀のオランダに、ヘルマン・ブールハーフェと…

    記事を読む

  • 2018年4月より漢字ミュージアムで「加地伸行先生の論語講座(第3弾)」開講!

    2018年4月より漢字ミュージアムで「加地伸行先生の論語講…

     本日は京都・祇園にある漢検 漢字博物館・図書館(…

    記事を読む

  • 「おもしろ日本語をさがせ!フォトコンテスト」が5/31まで開催中!

    「おもしろ日本語をさがせ!フォトコンテスト」が5/31まで…

     本日は、一般財団法人 出版文化産業振興財団(JP…

    記事を読む

暮らし記事一覧へ

PR記事
  • 第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタート!

    第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募…

    記事を読む

  • 5月開講:東洋文庫アカデミア「漢検漢字文化研究所東京講座」

    5月開講:東洋文庫アカデミア「漢検漢字文化研究所東…

    記事を読む

  • 2018年4月より漢字ミュージアムで「加地伸行先生の論語講座(第3弾)」開講!

    2018年4月より漢字ミュージアムで「加地伸行先生…

    記事を読む

  • 京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書と辞書」を開催中。

    京都・漢字ミュージアムで連続講座「中国と日本の字書…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 ―江戸時代の漢字語―」展がスタート

    漢字ミュージアム企画展「身近なことばの意外な由来 …

    記事を読む

最新記事
  • あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙丁魚の関係

    あつじ所長の漢字漫談33 イワシを表す漢字―伊委之と鰯と沙…

    記事を読む

  • 国研が「ことば」を楽しむサイト『ことば研究館』をオープン!

    国研が「ことば」を楽しむサイト『ことば研究館』をオープン!

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

    四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!

    記事を読む

  • エポック社が漢字部首のカプセルトイを発売!

    エポック社が漢字部首のカプセルトイを発売!

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」ってなんのこと?

    あつじ所長の漢字漫談32 谷と穀の関係――「雪の大穀」って…

    記事を読む

  • 第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタート!

    第6回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタ…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

    四字熟語根掘り葉掘り11:「三位一体」に苦労した話

    記事を読む

  • 6月10日 福島県郡山市で阿辻哲次先生による講演会

    6月10日 福島県郡山市で阿辻哲次先生による講演会

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

    あつじ所長の漢字漫談31 羊の巻

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

    四字熟語根掘り葉掘り10:浄瑠璃の名作と「一蓮托生」

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.