日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • コラム
  • 歴史・文化

あつじ所長の漢字漫談48 韋編三絶

2019.03.27

あつじ所長の漢字漫談48 韋編三絶

 漢字ミュージアムは、まだ歴史が浅いので、古代文化に関する「お宝」はほとんどありませんが、そんななか、唯一といってもいい文化財として、最古の漢字である「甲骨文字」が2階に展示されています。これは世界的に著名なミュージアムである東京・駒込の(公財)東洋文庫が所蔵されるコレクションの一部をご厚意によってお貸しいただいているもので、開館以来これまでに数回展示替えをさせていただいています。

 「甲骨文字」とは、古代中国の殷時代(正しくは「商時代」)に、国家の運営方針や王の行動に関する神さまのお告げを知るために占いをおこない、その内容と結果を、占いに使った亀の甲羅や牛の骨などにナイフで刻みつけたもので、いま見られる最古の、だいたい3000年ほど前の漢字です。

 いっぽう私たちが文字を書くのにいまもっともよく使っている紙というメディアは、現在の研究では紀元前100年前後、つまり今から2000年あまり前に発明されたものと考えられます。つまり漢字の歴史が3000年以上あるのに対して紙の歴史はだいたい2000年ですから、紙がまだなかった時代に、漢字は約1000年間にわたって使われていた、ということになります。では紙がないころに、漢字はいったいなにに書かれていたのでしょうか?

 紙の発明前に、中国で文字を書くのに使われていた素材は「甲骨」のほか青銅器、それに石碑などがありますが、もっともよく使われたのは、竹や木を細長く削った札で、それを「簡」と呼びます。いまも使われる「書簡」ということばは、紙がなかった時代の手紙が木や竹の札に書かれていたことの名残で、実際によく使われたのは長さ23センチ(秦から漢の時代での1尺)、幅が5ミリから1センチ前後の細長い札でした。竹で作られた札を「竹簡」(ちっかん)、木で作られた札を「木簡」(もっかん)といいます。なお漢字ミュージアムの1階には、地中から発見された竹簡や木簡を原寸大に復元した模型が展示されていますので、実際のもののイメージをつかんでいただけます。

 古代中国で文明が栄えた地域は温帯に属するので、竹や木が容易に手に入りますし、それを文字記録用の札に加工するのも簡単でした。だから竹や木は非常に早い時代から文字を書くために使われたのですが、植物からの加工品は甲骨や青銅器、あるいは石などとちがって地中で腐りやすいために、古代に使われていた実物が発見されにくく、それらがいったいいつ頃から文字を書くために使われだしたのかは、正確なことはまだはっきりとわかっていません。

 ところで竹と木では、文字を書くための素材としてはじめに使われたのは竹だったと考えられます。というのは、木簡であれ竹簡であれ、もっともよく使われたのは幅が1cm前後の短冊状のものですが、竹には丸みがあるので、文字が書けるような平らな札を作るには、幅をできるだけ狭くしなければなりません。もし幅を広くとれば、できる札が弓状にそった形になり、文字の記録には不便になってしまいます。いっぽう、もし最初から木を加工して文字が書ける札を作るのなら、木からはさまざまな形の札が作れますから、わずか1行か2行しか書けないような狭い札ではなく、もっと広い、何行も書けるような板を作ることができます。しかし現実には、わざわざ狭い幅に切り取った木簡が多数発見されています。そこからおそらく、木簡はもともと竹から作った札を模倣したものであり、木簡は竹簡の代用品として誕生したものだった、と考えられます。

 木簡に使われた樹木は、居延や敦煌などシルクロード地帯から発見されたものを分析した結果では、ヤナギやポプラが多く使われているそうです。この2種の木は中国の北方に広く分布しており、木の地肌が白く、墨の吸収もよいことから、文字を書くための素材とされたのでしょう。

 この竹簡や木簡では1本に書かれる字数は、文字の大小にもよりますが、一般的にはだいたい20字くらいでした。もちろんもっとたくさん書きたければ札を長くすればいいわけで、実際に50センチくらいの長い簡も発見されていますが、どんなに長くしても書ける字数には限界があります。だから長い文章を書くときには何本かに続けて書き、それを順番に並べて、紐で綴りあわせるという方法が採られました。

 これが中国の書物でのもっとも古い形で、この形から「冊」という漢字が生まれました。こうして作られた書物は、端からクルクルと巻いて保管されました。これが書物を数える単位として使われる「篇」で、「篇」に竹カンムリがついているのは、もともと竹を素材としたことによります。それがのちに絹や紙に文章を書くようになり、それを呉服の反物のように巻いたものを「編」という字で表しました。

 ある書物を何度も繰り返して読むことをいう「韋編三絶」(いへんさんぜつ)ということばがあります。最近はほとんど使われなくなりましたが、このいい方はもともとこのような書物の作り方から出た表現でした。

 孔子は晩年に占いの理論と方法を記した『易経』を読むのを好み、何度も何度も読んだために、木簡(あるいは竹簡)を綴じてあった紐がしばしば切れた、という話があります。これが「韋編三絶」の故事で(話は『史記』孔子世家に見えます)で、「韋」とはなめし皮のことです。孔子は愛読していた『易経』を、普通の麻ひもではなく丈夫ななめし皮で綴じていたのですが、それでも「韋」が三度もすり切れたというのですから、よほどよく読んだのでしょう。

 ただしこれはあくまで伝説であって、実際になめし皮で綴じられた書物が発見されたことはこれまで一度もありません。

《関連リンク》
漢字ペディアで「韋」を調べよう
漢字ペディアで「編」を調べよう
漢字ペディアで「韋編三絶」を調べよう


《著者紹介》
atsuji_muse.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
阿辻哲次(あつじ てつじ)
京都大学名誉教授 ・(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所所長

1951年大阪府生まれ。 1980年京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。静岡大学助教授、京都産業大学助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会委員として2010年の常用漢字表改定に携わる。2017年6月(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所長就任。専門は中国文化史、中国文字学。人間が何を使って、どのような素材の上に、どのような内容の文章を書いてきたか、その歩みを中国と日本を舞台に考察する。
著書に「戦後日本漢字史」(新潮選書)「漢字道楽」(講談社学術文庫)「漢字のはなし」(岩波ジュニア新書)など多数。また、2017年10月発売の『角川新字源 改訂新版』(角川書店)の編者も務めた。
●『角川新字源 改訂新版』のホームページ
 

《記事写真・画像出典》

・冊書の模型    著者撮影
・甲骨文字の展示  著者撮影
・甲骨文字の「冊」 甲骨文字典 北京工芸美術出版社
・綴じられた木簡  二玄社・法書ガイド『竹簡・木簡・帛書』

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

コラム

  • 漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

    漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

     亥年は選挙の年です。4年に1回の統一地方選挙と3…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ20 「土」に点を打つのはどの位置か

    新聞漢字あれこれ20 「土」に点を打つのはどの位置か

     漢字を書く際に最後に点を打つ位置といえば「犬」や…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ19 「州」を手書きすると「刕」 になる?

    新聞漢字あれこれ19 「州」を手書きすると「刕」 になる?

     4月のある日、夕刊社会面を見ていると「刕」という…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談53 新元号「令和」を考える 第4回

    あつじ所長の漢字漫談53 新元号「令和」を考える 第4回

    【いよいよ新元号「令和」の時代が始まります!漢字文…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ18 「太」と「大」は悩ましい 

    新聞漢字あれこれ18 「太」と「大」は悩ましい 

     「令和」になってから2週間が経過しました。改元フ…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談52 新元号「令和」を考える 第3回

    あつじ所長の漢字漫談52 新元号「令和」を考える 第3回

    【いよいよ新元号「令和」の時代が始まりました!漢字…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

歴史・文化

  • 漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

    漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

     亥年は選挙の年です。4年に1回の統一地方選挙と3…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り38:「相互扶助」は100年前の記憶

    四字熟語根掘り葉掘り38:「相互扶助」は100年前の記憶

     ある辞書に載せることばを、どのようにして決めるか…

    記事を読む

  • 宮崎市で安井息軒の著作を読む講座が開催!5月~7月までの連続講座

    宮崎市で安井息軒の著作を読む講座が開催!5月~7月までの連…

     当協会では、地域における漢字学習の振興に貢献する…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談52 新元号「令和」を考える 第3回

    あつじ所長の漢字漫談52 新元号「令和」を考える 第3回

    【いよいよ新元号「令和」の時代が始まりました!漢字…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談51 新元号「令和」を考える 第2回

    あつじ所長の漢字漫談51 新元号「令和」を考える 第2回

    【いよいよ新元号「令和」の時代が始まりました!漢字…

    記事を読む

  • あつじ所長の漢字漫談50 新元号「令和」を考える 第1回

    あつじ所長の漢字漫談50 新元号「令和」を考える 第1回

     【いよいよ新元号「令和」の時代が始まります!漢字…

    記事を読む

歴史・文化記事一覧へ

PR記事
  • 日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催されました。

    日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催さ…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、ありがとう~」開催中!

    漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~…

    記事を読む

  • 漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」が正式に発足。

    漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」…

    記事を読む

  • 3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウムを開催!ありそうでなかった学会が発足します。

    3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウム…

    記事を読む

  • 251校の専修学校が「漢検」を経済的援助の条件に活用!

    251校の専修学校が「漢検」を経済的援助の条件に活…

    記事を読む

最新記事
  • 漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

    漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

    記事を読む

  • しながわ水族館で漢字イベントが開催中!写真スポットも

    しながわ水族館で漢字イベントが開催中!写真スポットも

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ20 「土」に点を打つのはどの位置か

    新聞漢字あれこれ20 「土」に点を打つのはどの位置か

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り38:「相互扶助」は100年前の記憶

    四字熟語根掘り葉掘り38:「相互扶助」は100年前の記憶

    記事を読む

  • 第7回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタート!

    第7回「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」応募受付スタ…

    記事を読む

  • 横浜市万騎が原小学校で大人と子供が一緒に漢字を楽しく学ぶ「あさひ漢字塾」を開催!

    横浜市万騎が原小学校で大人と子供が一緒に漢字を楽しく学ぶ「…

    記事を読む

  • 宮崎市で安井息軒の著作を読む講座が開催!5月~7月までの連続講座

    宮崎市で安井息軒の著作を読む講座が開催!5月~7月までの連…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ19 「州」を手書きすると「刕」 になる?

    新聞漢字あれこれ19 「州」を手書きすると「刕」 になる?

    記事を読む

  • 漢字ぺディアに『角川新字源』を搭載!パワーアップした新機能とは?

    漢字ぺディアに『角川新字源』を搭載!パワーアップした新機能…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り37:時は流れて「意気消沈」

    四字熟語根掘り葉掘り37:時は流れて「意気消沈」

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.