日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • コラム
  • 歴史・文化

あつじ所長の漢字漫談50 新元号「令和」を考える 第1回

2019.04.17

あつじ所長の漢字漫談50 新元号「令和」を考える 第1回

 【いよいよ新元号「令和」の時代が始まります!漢字文化研究所のあつじ所長が、4回にわたって「令和」について考えます。今回はその第1回「出典を『万葉集』とすること」です。】

 新しい年度がはじまるのは毎年4月1日と決まっていますが、今年(2019,平成31年)のその日はちょっと特別な日でした。というのは、天皇の皇位継承にともなって、5月1日から使用がはじまる新しい元号が発表される日で、新聞やテレビではかなり前から新元号の予測をしたり、考案者を推測したりするなど、いろいろにぎやかでした。

 そして当日、テレビは朝からどのチャンネルも元号報道一色で、祇園の漢字ミュージアムでも、1階のシアターで新元号発表のパブリック・ビューイングがおこなわれました。

 ふだんはそんなにたくさん人が入ることもないシアターですが、元号が発表される11時半が近づくと人で埋まり、皆さんスマホ片手に、菅官房長官の発表をいまかいまかと待っておられました。発表された新元号は、みなさまご存じのように「令和」でしたが、その出典が『万葉集』であると発表された時には、何人かの方から「ほぉ!万葉集か」という小さなどよめきも起こりました。

 新しい元号が実際に使われるのは5月1日からですが、「令和」という元号をめぐるさまざまな意見が新聞や雑誌、あるいはネット上に続々と載っています。それらの中には批判的なコメントやトンチンカンな議論もありましたが、大部分の意見は好意的であって、新元号は、まずはよいスタートを切ったようです。

 さて私が見たところでは、議論はおおむね以下の諸点に集約できると考えられます。

①「令和」の出典を『万葉集』とすることに問題はないか?
②「令和」をレイワと読むのは、漢音と呉音(ともに漢字の音読みの種別)を混用しているが、そのことに問題はないか?
③「令」という漢字は「命令・号令」という意味で使うのが一般的だが、元号にそのような「上から目線」で高圧的なイメージの文字を使うことに問題はないか?
④「令」という漢字は《𠆢》(やね・ひとやね)の下を《卩》と書く形と《マ》と書く形があるが、両者は同じ漢字かどうか。もし同じ漢字だとすれば、どちらが正しいのか?

 そこで今回は「令」をめぐる上の4点について考えてみようと思います。

①出典を『万葉集』とすること

「令和」の出典を『万葉集』とすることは、官房長官が元号発表の記者会見で、

出典は『万葉集』(巻五)梅花の歌三十二首の序文、「時に初春の令月にして、気淑(よ)く風和(やわ)らぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮(はい)後の香を薫らす」から引用した

と語ったことによります。『万葉集』のこの文章は、新聞やネット上に出たたくさんの解説が説く通り、大宰府(いまの福岡県)で大宰帥(だざいのそち=大宰府長官)の地位にあった大伴旅人が天平2年(730)正月13日に大宰府で梅を愛でる宴を開き、その時に詠まれた32首の和歌をまとめた序文に見える表現です。

 この出典が話題となっているのは、これまでの元号がすべて中国の古典から採られたのに対し、今回の元号が日本の書物から採られたからで、発表直後の総理大臣談話でもそのことが強調され、その後も現今の国際情勢などに触れるなまぐさい議論などもふくめて、元号を和書から採ることについて多くの意見が出されました。

 しかしそれとは別に、「初春令月、気淑風和」の表現はたしかに『万葉集』にあるが、もともとは漢籍に見える文章をふまえているから、「令和」の出典は『万葉集』ではなく、やはり漢籍と考えるべきだという意見もあります。 もともと『万葉集』には、江戸時代中期の契沖(1640―1701)による『万葉代匠記』20巻というすぐれた著述があって、いまでも『万葉集』の研究ではこれから離れることができません。

 それでこの部分の『万葉代匠記』を見ると、そこに「于時、初春令月、気淑風和」とは、張衡「歸田賦」に「仲春令月、時和氣清」と云い、「蘭亭記」に「是日也、天朗氣清、恵風和暢」と云う、とあります(わかりやすいように原文に訓読を補いました)。

 契沖はこの部分について、張衡「歸田賦」と王羲之「蘭亭記」という文献を挙げています。張衡(ちょうこう、78―139)は後漢の文学者で、また天体や地震の観測機を作った科学者としても知られていますが、「歸田賦」(「歸」は「帰」の旧字体)は西暦138年に、張衡が政界から身を引き、故郷に戻って余生を送ろうとする心情を述べた「賦」(ながうた)で、その中に「仲春の令月、時は和し、氣は清し」という表現があります。

 もう一つの「蘭亭記」は、東晋の王羲之が353年に会稽(いまの浙江省紹興)にあった別荘「蘭亭」に名士や文人を集めて宴を催した時の詩集に附した序文で、その筆致は書聖王羲之の会心の作として、書道の面で古来最高の評価をあたえられてきました。その文章の一節に「是の日や天朗氣清、恵風和暢」という文章があります(ちなみにこれは日本海海戦での有名な電文「天気晴朗なれども波高し」の出典でもあります)。

 「歸田賦」は歴代の名文を集めた『文選』(もんぜん)巻15に入っており、「蘭亭記」は書道を学んだ者が必ず学んだ文章です。『文選』は日本でも知識人の必読文献でしたから、大宰府長官の地位にあった大伴旅人がその二つを知らないはずがありません。だから『万葉集』巻五にある「初春令月、気淑風和」には、この2つが出典として存在する、と契沖は考えたようです。

 さてそれでは、「令和」の出典は『万葉集』ではなく、張衡「歸田賦」と王羲之「蘭亭記」なのかといえば、問題はそれほど単純ではありません。というのは、「令和」の「和」が『万葉集』では「初春令月、気淑風和」と、初春(正月)の風の和らぎを詠っているのに対し、「歸田賦」では「仲春令月、時和氣清」と、仲春(2月)の情景ですし、「和」も時間の調和を意味していますから、両者は必ずしも同じ発想から生まれた表現ではありません。もう一つの「蘭亭記」の「恵風和暢」では、「和」が風の和らぎを詠っていますが、しかしこちらには「令」が出てきません。

 そう考えれば、「令和」の出典はやはり『万葉集』巻五とするのが妥当だろう、と私は思います。そしてむしろそのことよりも、これまでの元号が、たとえば明治が『易経』説卦伝の「聖人南面而聴天下、嚮明而治」から、大正が『易経』彖伝・臨卦の「大亨以正、天之道也」から、昭和が『尚書』堯典の「百姓昭明、協和萬邦」から、そして平成が『尚書』大禹謨(『史記』五帝本紀)の「地平天成」に由来するように、すべて天下国家の大事を論じる、威厳のある難解な漢籍に由来していたのに対し、今回の「令和」が、季節が冬から春に変わって感じる心情的な喜びを詠じた句に由来し、自然へのこまやかな観察に根ざす日本人の感性を表現するものであることが、従来にはなかった画期的な元号であると評価するべきでしょう。

次回は第2回「令和をレイワと読むことについて」です。お楽しみに!

《関連リンク》
漢字ペディアで「令」を調べよう
漢字ペディアで「和」を調べよう

《著者紹介》
atsuji_muse.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
阿辻哲次(あつじ てつじ)
京都大学名誉教授 ・(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所所長

1951年大阪府生まれ。 1980年京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。静岡大学助教授、京都産業大学助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会委員として2010年の常用漢字表改定に携わる。2017年6月(公財)日本漢字能力検定協会 漢字文化研究所長就任。専門は中国文化史、中国文字学。人間が何を使って、どのような素材の上に、どのような内容の文章を書いてきたか、その歩みを中国と日本を舞台に考察する。
著書に「戦後日本漢字史」(新潮選書)「漢字道楽」(講談社学術文庫)「漢字のはなし」(岩波ジュニア新書)など多数。また、2017年10月発売の『角川新字源 改訂新版』(角川書店)の編者も務めた。
●『角川新字源 改訂新版』のホームページ
 

《記事写真・画像出典》
・「令和」の額 漢字ミュージアム 著者撮影
・万葉代匠記 『万葉代匠記』国立国会図書館デジタルコレクション
・張衡「歸田賦」 著者架蔵『文選』宋胡刻本(藝文印書館影印本)

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

コラム

  • 新聞漢字あれこれ27 土地カンに当てる字は?

    新聞漢字あれこれ27 土地カンに当てる字は?

     「犯人はこのあたりに土地カンがある者かもしれない…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り45:漢和辞典と「捲土重来」の謎

    四字熟語根掘り葉掘り45:漢和辞典と「捲土重来」の謎

     英和辞典が英語を日本語で説明する辞典であるのと同…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ26 竹冠に込められた意味――「謎の漢字」を追って<後編>

    新聞漢字あれこれ26 竹冠に込められた意味――「謎の漢字」…

     ●新聞漢字あれこれ25 誤字ではなかった――「謎…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り44:「気韻生動」とその仲間たち

    四字熟語根掘り葉掘り44:「気韻生動」とその仲間たち

     ずいぶんと昔のことなので詳しくは覚えていないので…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ25 誤字ではなかった――「謎の漢字」を追って<前編>

    新聞漢字あれこれ25 誤字ではなかった――「謎の漢字」を追…

     笹原宏之・早稲田大学教授の著書『謎の漢字』の中に…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ24 「株式曾社」のどこが変?

    新聞漢字あれこれ24 「株式曾社」のどこが変?

     ここ数年、新人記者研修で指導担当をしています。ま…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

歴史・文化

  • 「月夜の蟹」ってどんな意味?面白い「月」のことわざ

    「月夜の蟹」ってどんな意味?面白い「月」のことわざ

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  9…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り40:「雨奇晴好」が生まれた場所?

    四字熟語根掘り葉掘り40:「雨奇晴好」が生まれた場所?

     京都の四条河原町の繁華街から、鴨川を渡って祇園に…

    記事を読む

  • 国宝も展示中!『漢字展-4000年の旅』で漢字の世界に浸ろう

    国宝も展示中!『漢字展-4000年の旅』で漢字の世界に浸ろ…

     広くアジア全域に関する、貴重な古書の美しい展示(…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り39:英雄への助言は「躡足附耳」で!

    四字熟語根掘り葉掘り39:英雄への助言は「躡足附耳」で!

     「躡足附耳(じょうそくふじ)」。なんとまあ、むず…

    記事を読む

  • 漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

    漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

     亥年は選挙の年です。4年に1回の統一地方選挙と3…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り38:「相互扶助」は100年前の記憶

    四字熟語根掘り葉掘り38:「相互扶助」は100年前の記憶

     ある辞書に載せることばを、どのようにして決めるか…

    記事を読む

歴史・文化記事一覧へ

PR記事
  • 日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催されました。

    日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催さ…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、ありがとう~」開催中!

    漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~…

    記事を読む

  • 漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」が正式に発足。

    漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」…

    記事を読む

  • 3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウムを開催!ありそうでなかった学会が発足します。

    3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウム…

    記事を読む

  • 251校の専修学校が「漢検」を経済的援助の条件に活用!

    251校の専修学校が「漢検」を経済的援助の条件に活…

    記事を読む

最新記事
  • 新聞漢字あれこれ27 土地カンに当てる字は?

    新聞漢字あれこれ27 土地カンに当てる字は?

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り45:漢和辞典と「捲土重来」の謎

    四字熟語根掘り葉掘り45:漢和辞典と「捲土重来」の謎

    記事を読む

  • 9/29東京・南青山で白川静10周年記念「漢字は楽しい~白川静さんに学ぶ~」が開催

    9/29東京・南青山で白川静10周年記念「漢字は楽しい~白…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアムの小さな「図書館」 その魅力とは?

    漢字ミュージアムの小さな「図書館」 その魅力とは?

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ26 竹冠に込められた意味――「謎の漢字」を追って<後編>

    新聞漢字あれこれ26 竹冠に込められた意味――「謎の漢字」…

    記事を読む

  • この夏、君は漢字忍者になる!!~漢字ミュージアム夏の企画展、開催中!!~

    この夏、君は漢字忍者になる!!~漢字ミュージアム夏の企画展…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り44:「気韻生動」とその仲間たち

    四字熟語根掘り葉掘り44:「気韻生動」とその仲間たち

    記事を読む

  • 「月夜の蟹」ってどんな意味?面白い「月」のことわざ

    「月夜の蟹」ってどんな意味?面白い「月」のことわざ

    記事を読む

  • 漢字一字で伝えよう!「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」募集中

    漢字一字で伝えよう!「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」…

    記事を読む

  • キティちゃんがYouTubeで漢字を紹介!「ハローキティのいい漢字♡ Vol.1」

    キティちゃんがYouTubeで漢字を紹介!「ハローキティの…

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.