日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • 暮らし
  • 歴史・文化

常用漢字表改定から10年、追加字はどう浸透した?~令和元年度「国語に関する世論調査」結果より~

2020.10.16

常用漢字表改定から10年、追加字はどう浸透した?~令和元年度「国語に関する世論調査」結果より~

 こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。

 9月25日、文化庁が令和元年度「国語に関する世論調査」の結果を公表しました。今回は、「国語に対する認識」、「外国人と日本語に関する意識」、「敬語に関する言葉遣いに対する印象」、「平成22 年の常用漢字表改定で追加された漢字の印象」、「新しい表現に対する印象や,慣用句等の認識と使用」について調査が行われました。どの分野も気になるところですが、「漢字カフェ」なので、常用漢字の追加字の印象についてご紹介します。

追加された漢字はどれくらい浸透しているのかの調査

 平成22年の常用漢字表改定で追加された196字のうち、平成21年度調査で「漢字を使うことで,意味の把握が容易になる」と回答した人の割合が70%以下であった55 の漢字による表記を対象に、国民の意識の推移を確認するために令和元年度・令和2年度の2回に分けて同じ質問調査が行われることになりました。

 今回対象となった28の漢字を含む文は、以下の通りです(下線部が追加された漢字)。

(1) 気持ちが縮する  (2) 彼は驚くほど語が豊富だ  (3) 憂な気分が続く  (4) 歯にも掛けない  (5) 氏名を書で書く  (6) 俳の研究を続ける  (7) 決戦の火を切る  (8) 名誉を損する  (9) 秋の京都を訪ねる (10) 彼の将来を危する  (11) 右前方に見える客船  (12) 禁5年の判決 (13) 西欧文明への憧憬  (14) 不安が払できない  (15) 惨な光景に立ち尽くす  (16) 望の的となる  (17) 無用な索はしない  (18) サケが急流を上する (19) 未有の大事件 (20) 経営が破する (21) 密な調査を行う (22) 道路工事の進状況  (23) 赤字を補する  (24) 用性の高い機械 (25) 事実を隠する  (26) 人形浄瑠璃の上演  (27) 賄を受け取る  (28) 山に広がる牧場

 「それぞれの文を読んでどのように感じるか」という問いに「漢字を使うことで,意味の把握が容易になる」「読みにくいので,振り仮名を付けるのが望ましい」「読みにくいので,仮名書きが望ましい」「分からない」の四択で回答するものでした。

「破綻」「禁錮」「火蓋」「危惧」は大半が「漢字使用で意味がわかりやすい」。「語彙」「錦秋」「憧憬」は半数以上が「振り仮名が望ましい」

 調査の結果、「漢字を使うことで,意味の把握が容易になる」は、割合が高い順に、「(20)経営が破綻する」(65.7%)、「(12)禁錮5年の判決」(59.9%)、「(7)決戦の火蓋を切る」と「(10)彼の将来を危惧する」(それぞれ58.3%)となりました。

 一方、「読みにくいので,振り仮名を付けるのが望ましい」は、割合が高い順に、「(2)彼は驚くほど語彙が豊富だ」(60.9%)、「(9)錦秋の京都を訪ねる」(57.4%)、「(13)西欧文明への憧憬」(55.4%)、さらに、「読みにくいので,仮名書きが望ましい」は、「(2)彼は驚くほど語彙が豊富だ」(11.6%)、「(8)名誉を毀損する」(11.5%)、「(13)西欧文明への憧憬」(11.4%)となりました。

「隠蔽」「憂鬱」「毀損」は10年前より浸透。一方、「錦秋」「浄瑠璃」「歯牙」は読みにくいと感じる人が増

 また、平成21年度調査と比較して、「漢字を使うことで,意味の把握が容易になる」が5 ポイント以上増加しているのは、「(25)隠蔽」(8ポイント増)、「(3)憂鬱」(6ポイント増)、「(8)毀損」(5ポイント増)でした。

 一方、「読みにくいので,振り仮名を付けるのが望ましい」が10 ポイント以上増加しているのは、「(9)錦秋」(14ポイント増)、「(26)浄瑠璃」(12ポイント増)、「(4)歯牙」(11ポイント増)、「(5)楷書」(10ポイント増)という結果に。

 さらに、「読みにくいので,仮名書きが望ましい」が4 ポイント以上増加しているのは、「(4)歯牙」(5ポイント増)、「(6)俳諧」(4ポイント増)、「(13)憧憬」(4ポイント増)、「(9)錦秋」(4ポイント増)となりました。

 「隠蔽」「憂鬱」「毀損」といった、新聞・Web・テレビ等で目にしたり耳にしたりすることの多い言葉に使われる漢字は10年前よりも浸透している一方で、「錦秋」「浄瑠璃」「歯牙」など、日常であまり目にしない、または使用場面やジャンルが限られている言葉の漢字の場合は、読みにくいと回答する人が増えているようです。

漢検2級は意外とスゴイのでは!?

 そもそも常用漢字とは、「法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安」として内閣告示された「常用漢字表」に掲載されている漢字のことを指します。一般的に身につけておきたい漢字能力とも言えますが、今回の調査ではなかなか浸透していない一面も見られました。

 ちなみに「漢検」でいえば、2級の配当漢字が平成22年に新しく追加された常用漢字にあたります。2級に合格すれば、常用漢字を読み書きできるレベルといえます。年間15万人ほどが受検している(2019年実績)漢検2級ですが、実は合格率は20%前後。漢検2級を取得しているというのは、皆さんが思っている以上にスゴイことかもしれませんね。

 今回の詳しい調査結果や他の調査項目については、文化庁ホームページをご覧ください。

【参考文献】
●文化庁 令和元年度「国語に関する世論調査」の結果(PDF)はこちら
●漢検の審査基準はこちら

《参考リンク》
漢字ペディアで「語彙」を調べよう
漢字ペディアで「錦秋」を調べよう
漢字ペディアで「憧憬」を調べよう

★☆おすすめ記事
新聞漢字あれこれ14 「附属」と「付属」、どう区別? はこちら
2020年度から小学校で習う漢字が増えるかも!? はこちら

<キンスケ紹介>
漢字カフェ担当の4年目漢検協会職員。
京都在住で、趣味は読書、博物館・水族館巡り。
好きな食べ物はスイカとおでん。

〈記事画像〉アン・デオール/PIXTA

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

暮らし

  • 新聞漢字あれこれ103 漢字と仮名で変わるニュアンス

    新聞漢字あれこれ103 漢字と仮名で変わるニュアンス

     常用漢字で書き表せるのに、新聞ではあえて仮名表記…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ102 「傳」と「傅」見分けるポイントは点の有無

    新聞漢字あれこれ102 「傳」と「傅」見分けるポイントは点…

     似た字の誤りはよくあるものですが、8月の初めに「…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ101 「媛」魅力的なブランド文字

    新聞漢字あれこれ101 「媛」魅力的なブランド文字

     皆さんは「媛」の字を見て、まず何を思い浮かべます…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ100 追い越しても超えられない人

    新聞漢字あれこれ100 追い越しても超えられない人

     常用漢字表にある「超」と「越」。どちらも「こえる…

    記事を読む

  • 夏本番!「夏」を使った四字熟語

    夏本番!「夏」を使った四字熟語

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  学…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ99 同じ読みでも意味は正反対に<後編>

    新聞漢字あれこれ99 同じ読みでも意味は正反対に<後編>

     前回は同音異義語でしたが、今回は同訓異字(異字同…

    記事を読む

暮らし記事一覧へ

歴史・文化

  • やっぱり漢字が好き。1 「翌日」は次の日とは限らない?

    やっぱり漢字が好き。1 「翌日」は次の日とは限らない?

     縁あって今回から「漢字カフェ」のコラムを担当する…

    記事を読む

  • 【10/2に延期】新潟県三条市で「第5回諸橋轍次記念漢字文化理解力検定」を開催

    【10/2に延期】新潟県三条市で「第5回諸橋轍次記念漢字文…

     ******************** 9月1…

    記事を読む

  • 漢字コラム49「筆」 聿、不律、弗…お国が違えば字も違う

    漢字コラム49「筆」 聿、不律、弗…お国が違えば字も違う

      まゝごとの飯もおさいも土筆かな  高浜虚子の次…

    記事を読む

  • 漢字コラム48「創」 「傷をつける」は「創造」の始まり?

    漢字コラム48「創」 「傷をつける」は「創造」の始まり?

     「新しいものを独自の考えや技術を使って初めてつく…

    記事を読む

  • 常用漢字表改定から10年、追加字はどう浸透した?~令和元年度「国語に関する世論調査」結果より~

    常用漢字表改定から10年、追加字はどう浸透した?~令和元年…

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  …

    記事を読む

  • 円満字さんによるオンライン連続講座が開講!

    円満字さんによるオンライン連続講座が開講!

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。 漢字…

    記事を読む

歴史・文化記事一覧へ

PR記事
  • 家族や友人に想いを伝えよう!第10回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」募集開始!

    家族や友人に想いを伝えよう!第10回「今、あなたに…

    記事を読む

  • 2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年の世相、どんなかんじ?

    2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年…

    記事を読む

  • 2020年「今年の漢字」こぼれ話(後編)似ている漢字に要注意!

    2020年「今年の漢字」こぼれ話(後編)似ている漢…

    記事を読む

  • 2020年「今年の漢字」こぼれ話(前編)2020年は「初」だらけ!

    2020年「今年の漢字」こぼれ話(前編)2020年…

    記事を読む

  • 2020年「今年の漢字」募集開始!団体データ応募も

    2020年「今年の漢字」募集開始!団体データ応募も

    記事を読む

最新記事
  • 新聞漢字あれこれ103 漢字と仮名で変わるニュアンス

    新聞漢字あれこれ103 漢字と仮名で変わるニュアンス

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ102 「傳」と「傅」見分けるポイントは点の有無

    新聞漢字あれこれ102 「傳」と「傅」見分けるポイントは点…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。1 「翌日」は次の日とは限らない?

    やっぱり漢字が好き。1 「翌日」は次の日とは限らない?

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ101 「媛」魅力的なブランド文字

    新聞漢字あれこれ101 「媛」魅力的なブランド文字

    記事を読む

  • 【10/2に延期】新潟県三条市で「第5回諸橋轍次記念漢字文化理解力検定」を開催

    【10/2に延期】新潟県三条市で「第5回諸橋轍次記念漢字文…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ100 追い越しても超えられない人

    新聞漢字あれこれ100 追い越しても超えられない人

    記事を読む

  • 漢字博士からの挑戦状!笹原宏之著『漢字はコワくない クイズ120問』が発売

    漢字博士からの挑戦状!笹原宏之著『漢字はコワくない クイズ…

    記事を読む

  • 夏本番!「夏」を使った四字熟語

    夏本番!「夏」を使った四字熟語

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ99 同じ読みでも意味は正反対に<後編>

    新聞漢字あれこれ99 同じ読みでも意味は正反対に<後編>

    記事を読む

  • 漢字学習・漢字教育のヒントに!文化庁主催「令和4年度 国語問題研究協議会」が8月23日にオンライン開催

    漢字学習・漢字教育のヒントに!文化庁主催「令和4年度 国語…

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.