日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • 地域
  • おもしろ
  • 歴史・文化
  • 研究

「祇園」が、実は全国的にもややこしかった話

2016.06.14

「祇園」が、実は全国的にもややこしかった話

 漢検協会が京都・祇園に引っ越してから早1ヶ月。近所を散歩すると様々な字形の「祇園」の文字を目にします。以前、「祇園」の「祇」が「示氏」なのか、それとも「ネ氏」なのかという問題についてご紹介しました。やれやれ一件落着と思いきや、「祗園」(「示氐」(氏の下に一))または(「ネ氐」)と書かれた看板を見つけて、さらなる疑問が沸きました。

 ⇒以前の記事をご覧になりたい方はコチラ

 「祇」と「祗」は、非常に形が似ていますが、全くの別字。Web版漢字辞典「漢字ペディア」によれば、「祇」は音読みで「ギ」訓読みで「くにつかみ」と読む漢字。一方、「祗」は音読みで「シ」、訓読みで「つつしむ・ただ」と読む漢字。「祇」とは別の漢字であるとはっきり書かれています。

 ということは、「祗園」で「ギオン」とするのはただの誤植かと思いきや、パソコンやスマホで「ぎおん」と打って変換すると、「祇園」に続いて「祗園」が出てくるのでさらにビックリ。これはもう私の手に負える問題ではなさそうです。そこで、地域固有の漢字の使われ方について詳しい、早稲田大学の笹原宏之教授にうかがいました。


―京都の「祇園」には、「示氏」または「ネ氏」などたくさんの字体があります。

笹原教授:ギオンは本来的には祇園で、字体は篆書に従えば「示氏」でした。ただ、手書きでは、古来、「ネ氏」となりやすく、JIS規格でも1983年にそれが見出しになったため、活字でもよく見られるようになりました。

―「示氐」や「ネ氐」を用いる看板もあります。本来、「祇」と「祗」は全くの別字だと思うのですが…。

笹原教授:「示氐」は、御指摘のとおり別の字ですが、古くから混同されてきました。「低」や「底」が影響してしまったのでしょうね。「氐」は「氏の下に丶」のようにも書かれました。「示氏」をパソコンで探して、示偏であることにばかり目がいき、画面上に小さく出た「祗」を選んでしまう、いわゆる「誤入力」による使用も生まれています。これも、筆法によって「ネ氐」とも書かれています。

―時代と共に漢字も形を変えていくのですね。

笹原教授:若い人ほど、「ネ」と「示」とが同じものだったことを忘れ始めていますので(そもそも片仮名の「ネ」も示偏からできています)、活字のとおりに書こうとしてしまいます。フォントもまた、手書きの影響を受けて設計される事態となっていて、この循環が現象にややこしさを増しています。

―なるほど。つまり、これは京都ならではの地元問題ということでしょうか。

笹原教授:実は、「ギオン」表記の混乱は京都だけでなく各地で見られます。祇園信仰の拡大とともに、日本各地に祇園社と祇園地名が広まりましたが、各地でどれを正式とするか判断が分かれました。「祗園」を正式と決めている自治体もありますし、「ネ氐」を正式としたところもあります。※1

―そうなんですね!もし「祗園」の表記に慣れた人が京都の「祇園」の看板を見たら「一本足りない!」と思うかもしれないですね。

笹原教授:そうですね。こうした一部の地域特有の使われ方をする漢字を「地域漢字・方言漢字」と呼んで私も研究しています。


 ふと見かけた看板の文字の違いが、意外と深い漢字の歴史の話につながるとは…。皆さんが普段当たり前に見ているその漢字も、調べてみると意外な歴史や背景が隠されているかもしれません。

 地域漢字・方言漢字について詳しく知りたい方には、笹原宏之先生の『方言漢字』(角川選書)がお薦めです。また、6月29日にオープンする漢検漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)にも方言漢字のコーナーがありますので、ぜひご覧ください。 

※1「ぎおん」の表記例
祗(示氐)…奈良県磯城郡田原本町祗園町、鹿児島県鹿児島市祗園之洲町
gion3.png(ネ氐)…岩手県西磐井郡平泉町平泉字gion3.png園、愛知県岡崎市矢作町字gion3.png園 

《参考文献》
『現代日本の異体字』笹原宏之、横山詔一、エリク=ロング編 (三省堂)

《参考リンク》
漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)のホームページはコチラ
漢字ペディアで「祇」を調べよう。
漢字ペディアで「祗」を調べよう。

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • 漢字博士からの挑戦状!笹原宏之著『漢字はコワくない クイズ120問』が発売

    漢字博士からの挑戦状!笹原宏之著『漢字はコワくない クイズ…

     こんにちは!漢字カフェ担当のカンキツです。今回は…

    記事を読む

  • 夏本番!「夏」を使った四字熟語

    夏本番!「夏」を使った四字熟語

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  学…

    記事を読む

  • ゴルゴ松本さん著『あっ「命」の漢字ドリル』で漢字ツリーを完成させよう!

    ゴルゴ松本さん著『あっ「命」の漢字ドリル』で漢字ツリーを完…

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  「…

    記事を読む

  • クイズ番組で話題の難読漢字にチャレンジ!その5

    クイズ番組で話題の難読漢字にチャレンジ!その5

     こんにちは。漢字カフェ・激ムズ漢字担当のグッピー…

    記事を読む

  • 漢字ペディア2021年下半期アクセス数ランキング発表!1位は東京五輪で注目されたあの漢字

    漢字ペディア2021年下半期アクセス数ランキング発表!1位…

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  公…

    記事を読む

  • クイズ番組で話題の難読漢字にチャレンジ!その4~漢検1級でも出ない激ムズ漢字とは?~

    クイズ番組で話題の難読漢字にチャレンジ!その4~漢検1級で…

     こんにちは。漢字カフェ・激ムズ漢字担当のグッピー…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

地域

  • 新聞漢字あれこれ108 埼玉県の方言漢字

    新聞漢字あれこれ108 埼玉県の方言漢字

     ずっと気になっていたことが解決し、胸のつかえが取…

    記事を読む

  • 2022年「今年の漢字」12月5日まで募集中!2022年の、しめくくりに。

    2022年「今年の漢字」12月5日まで募集中!2022年の…

     こんにちは、漢字カフェ担当のカンキツです。 様々…

    記事を読む

  • 【10/2に延期】新潟県三条市で「第5回諸橋轍次記念漢字文化理解力検定」を開催

    【10/2に延期】新潟県三条市で「第5回諸橋轍次記念漢字文…

     ******************** 9月1…

    記事を読む

  • 2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年の世相、どんなかんじ?

    2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年の世相、…

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  早…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム来館者40万人突破!『今年の漢字展』も開催

    漢字ミュージアム来館者40万人突破!『今年の漢字展』も開催

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  京…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ52 富山県の方言漢字

    新聞漢字あれこれ52 富山県の方言漢字

     テレビを見ていて、なぜか「うんうん」とうなずいた…

    記事を読む

地域記事一覧へ

歴史・文化

  • やっぱり漢字が好き。4 なぜ“4”は「四」と書くのか?(下)

    やっぱり漢字が好き。4 なぜ“4”は「四」と書くのか?(下…

     前号までは、漢字において“4”を表す文字が、「 …

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ108 埼玉県の方言漢字

    新聞漢字あれこれ108 埼玉県の方言漢字

     ずっと気になっていたことが解決し、胸のつかえが取…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。3 なぜ“4”は「四」と書くのか?(中)

    やっぱり漢字が好き。3 なぜ“4”は「四」と書くのか?(中…

     前号では、数字の“4”の漢字は当初、4本線の「」…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。2 なぜ“4”は「四」と書くのか?(上)

    やっぱり漢字が好き。2 なぜ“4”は「四」と書くのか?(上…

     本コラムのネタ収集のため、小学校低学年の娘に、漢…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。1 「翌日」は次の日とは限らない?

    やっぱり漢字が好き。1 「翌日」は次の日とは限らない?

     縁あって今回から「漢字カフェ」のコラムを担当する…

    記事を読む

  • 【10/2に延期】新潟県三条市で「第5回諸橋轍次記念漢字文化理解力検定」を開催

    【10/2に延期】新潟県三条市で「第5回諸橋轍次記念漢字文…

     ******************** 9月1…

    記事を読む

歴史・文化記事一覧へ

研究

  • やっぱり漢字が好き。4 なぜ“4”は「四」と書くのか?(下)

    やっぱり漢字が好き。4 なぜ“4”は「四」と書くのか?(下…

     前号までは、漢字において“4”を表す文字が、「 …

    記事を読む

  • 漢字の手書きが生涯に役立つ?12月18日京大×漢検公開シンポジウム開催

    漢字の手書きが生涯に役立つ?12月18日京大×漢検公開シン…

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  1…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。3 なぜ“4”は「四」と書くのか?(中)

    やっぱり漢字が好き。3 なぜ“4”は「四」と書くのか?(中…

     前号では、数字の“4”の漢字は当初、4本線の「」…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。2 なぜ“4”は「四」と書くのか?(上)

    やっぱり漢字が好き。2 なぜ“4”は「四」と書くのか?(上…

     本コラムのネタ収集のため、小学校低学年の娘に、漢…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。1 「翌日」は次の日とは限らない?

    やっぱり漢字が好き。1 「翌日」は次の日とは限らない?

     縁あって今回から「漢字カフェ」のコラムを担当する…

    記事を読む

  • 漢字博士からの挑戦状!笹原宏之著『漢字はコワくない クイズ120問』が発売

    漢字博士からの挑戦状!笹原宏之著『漢字はコワくない クイズ…

     こんにちは!漢字カフェ担当のカンキツです。今回は…

    記事を読む

研究記事一覧へ

PR記事
  • 2022年「今年の漢字」12月5日まで募集中!2022年の、しめくくりに。

    2022年「今年の漢字」12月5日まで募集中!20…

    記事を読む

  • 漢字の手書きが生涯に役立つ?12月18日京大×漢検公開シンポジウム開催

    漢字の手書きが生涯に役立つ?12月18日京大×漢検…

    記事を読む

  • 家族や友人に想いを伝えよう!第10回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」募集開始!

    家族や友人に想いを伝えよう!第10回「今、あなたに…

    記事を読む

  • 2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年の世相、どんなかんじ?

    2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年…

    記事を読む

  • 2020年「今年の漢字」こぼれ話(後編)似ている漢字に要注意!

    2020年「今年の漢字」こぼれ話(後編)似ている漢…

    記事を読む

最新記事
  • やっぱり漢字が好き。4 なぜ“4”は「四」と書くのか?(下)

    やっぱり漢字が好き。4 なぜ“4”は「四」と書くのか?(下…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ108 埼玉県の方言漢字

    新聞漢字あれこれ108 埼玉県の方言漢字

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ107 W杯で「三笘警察」が出動します!

    新聞漢字あれこれ107 W杯で「三笘警察」が出動します!

    記事を読む

  • 2022年「今年の漢字」12月5日まで募集中!2022年の、しめくくりに。

    2022年「今年の漢字」12月5日まで募集中!2022年の…

    記事を読む

  • 漢字の手書きが生涯に役立つ?12月18日京大×漢検公開シンポジウム開催

    漢字の手書きが生涯に役立つ?12月18日京大×漢検公開シン…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ106 相手に引かれる、その意味は…

    新聞漢字あれこれ106 相手に引かれる、その意味は…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。3 なぜ“4”は「四」と書くのか?(中)

    やっぱり漢字が好き。3 なぜ“4”は「四」と書くのか?(中…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ105 インタビューにどうこたえる?

    新聞漢字あれこれ105 インタビューにどうこたえる?

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ104 辰己の「己」は誤字ですか?

    新聞漢字あれこれ104 辰己の「己」は誤字ですか?

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。2 なぜ“4”は「四」と書くのか?(上)

    やっぱり漢字が好き。2 なぜ“4”は「四」と書くのか?(上…

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.