日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • コラム
  • 歴史・文化
  • 研究

やっぱり漢字が好き。3 なぜ“4”は「四」と書くのか?(中)

2022.11.01

やっぱり漢字が好き。3 なぜ“4”は「四」と書くのか?(中)

 前号では、数字の“4”の漢字は当初、4本線の「」で書き表されていたが、春秋時代(紀元前771年~紀元前453年)以降、「四」で書くようになったことを述べつつ、この書き替えには、認知上の特性―人間が短時間で直感的に理解できる数量は“4”が上限である―に関連している可能性があることを指摘した。(なぜ"4"は「四」と書くのか?(上)

 ここで少し視野を広げ、他の文字体系における数字を見てみよう。たとえばローマ数字はアルファベットを利用した表記方法であるが、“1”、“2”、“3”を「Ⅰ」、「Ⅱ」、「Ⅲ」と表記する。これも線の本数によって数字を文字化したもので、その構成原理は漢字の「一」、「二」、「三」に近い。なお、「Ⅰ」、「Ⅱ」、「Ⅲ」や「一」、「二」、「三」のように、表す意味とその字形に内在的意味関係があるものを、類像性(るいぞうせい)が高いという。

 一方、ローマ数字で“5”は「Ⅴ」で表記する。その造字法は「Ⅰ」、「Ⅱ」、「Ⅲ」と異なり、線の本数と直接対応しない。これは漢字の「一」から「三」の表す数と線の本数が対応する一方、「五」の表す数と線の本数が直接対応しないという現象と平行する。なおローマ数字の「Ⅴ」の由来には諸説あり、“10”を表す「Ⅹ」の半分ということを示したものであるという説や(カルヴェ1998)、「イタリア民族の祖先あるいは先住者が数世紀前に知っていたであろう刻み目を作るという古くからの実践から生じた」という説(イフラー1988)などがある。ただいずれにせよ、漢数字かローマ数字かを問わず、“5”を表す文字の字形は、表す意味との間に内在的意味関係がなく、類像性が低いと言える。

 ではローマ数字で“4”はどのように表記されるかというと、これも漢字同様、「揺れ」が見られる。一般的には、「Ⅳ」のように、「Ⅴ」から「Ⅰ」少ないことを示す「減数法」で表記されるが、一方で「IIII」と表記することもある(例えば、時計の文字盤では「IIII」の表記が見られる)。

 洋の東西を越えて、“1”~“3”を表す場合に類像性の高い表記を用い、“5”を表す場合に類像性の低い表記を使い、“4”がその間で揺れ動いている、という現象は、上で紹介した人間の認知上の特性―人間が短時間で直感的に理解できる数量は“4”が上限である―に由来している可能性が高い。

 さらに他の文明における数表記も見てみよう。エジプトやヒッタイト、インダスなどでは、次の図2-1のように、“1”~“4”は縦線を横に並べる方式を採用し、“5”以上は上限に二分割する方式を使う。

図2-1(イフラー1988より)

 このほか、詳細は省くが、ギリシアやマヤは“1”~“4”に対して、表す数に相当する縦線を並べる方式を、“5”に特別な(“1”~“4”とは構成原理の異なる)表記を用いている。このような現象に基づき、イフラー(1988)は「数を即時に認識する人間の能力は(言い方を換えると、具体的数量を直接認知する人間の自然な能力は)、非常に稀にしか数4を超えない」と主張する。

 一方で、アラビア数字の起源と考えられる古代インドのブラーフミー文字では、“1”~“3”に、漢字と同様、横線を縦に重ねるといった類像性の高い表記を用い、“4”以上に類像性の低い文字を用いるといった方式を採用する。なお、ブラーフミー文字で“4”は「十」字形や「」形で描かれる。

 以上から、特別な表記を“5”からとするのか、それとも“4”からとするのかは、言語や文化ごとに異なることが分かる。つまり“4”の扱いには「揺れ」が見られるのである。上でも述べたようにこのような“4”の扱いの不安定さは、即時に認知できる数量の上限に関わるものと思われる。従来、人間の指の数との関連から、“5”や“10”といった五進法に関わる数表記ばかりが人の耳目を集めてきたが、人間の認知という観点から見れば、“4”の数表記ももっと注目を浴びて良い。

 以上、漢字以外における“4”の表記の不安定さを確認したが、話を漢字に戻そう。本コラムではここまで、“4”を表す文字として「」が廃れたのは、人間の認知能力に関わる可能性があることを指摘したが、次に考えるべきは、なぜ“4”に「四」という文字が採用されるに至ったのか、である。この問題に対しては、数字の“4”を表す単語が、仮に当時「シ」と発音されていたとして(無論これは古代の厳密な発音ではない)、当初は文字として「」が当てられていたが、「」という表記だと人間の認知能力に負担となるため、「シ」と発音する他の文字―すなわち「四」―を借りて当てた、と考えられる。このように、ある語を表す文字として、その語と字音の近い文字を当てる現象を「仮借(かしゃ)」と呼ぶ。古代の漢字にしばしば見られる文字運用現象である。

 それでは「四」が“4”を表す文字として転用される前、「四」の文字はそもそも何を表していたのであろうか。次号ではこの点についてこれまでの学説を紹介したい。


(つづく)

《参考資料》
ジョルジュ・イフラー著、松原秀一・彌永昌吉監修、彌永みち代・丸山正義・後平隆訳『数字の歴史 人類は数をどのように数えてきたか』、平凡社、1988年
ルイ=ジャン・カルヴェ著、矢島文夫監訳、会津洋・前島和也訳『文字の世界史』、河出書房新社、1998年
Pitt, Benjamin, Edward Gibson and Steven T. Piantadosi “Exact Number Concepts Are Limited to the Verbal Count Range.” Psychological Science, Vol. 33(3), 2022

《参考リンク》
漢字ペディアで「四」を調べよう

★☆おすすめ記事☆★
四字熟語根掘り葉掘り57:足しても無意味な「四苦八苦」 はこちら
あつじ所長の漢字漫談17 「麦」はどこからやって来た はこちら

<著者紹介>
戸内 俊介(とのうち しゅんすけ)
二松学舎大学教授。1980年北海道函館市生まれ。東京大学大学院博士課程修了、博士(文学)。専門は古代中国の文字と言語。著書に『先秦の機能後の史的発展』(単著、研文出版、2018年、第47回金田一京助博士記念賞受賞)、『入門 中国学の方法』(共著、勉誠出版、2022年、「文字学 街角の漢字の源流を辿って―「風月堂」の「風」はなぜ「凮」か―」を担当)、論文に「殷代漢語の時間介詞“于”の文法化プロセスに関する一考察」(『中国語学』254号、2007年、第9回日本中国語学会奨励賞受賞)、「「不」はなぜ「弗」と発音されるのか―上中古中国語の否定詞「不」「弗」の変遷―」(『漢字文化研究』第11号、2021年、第15回漢検漢字文化研究奨励賞佳作受賞)などがある。

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

コラム

  • 新聞漢字あれこれ138 刷新の「刷」が表すもの

    新聞漢字あれこれ138 刷新の「刷」が表すもの

     著者:小林 肇(日本経済新聞社 用語幹事)  1…

    記事を読む

  • 「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑥ ~地名とJIS漢字の「嬲」と「嫐」~

    「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑥ ~地名とJIS漢…

    筆者:笹原宏之(早稲田大学教授)6 地名とJIS漢…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ137 「噶」 秘境の海のイメージ?

    新聞漢字あれこれ137 「噶」 秘境の海のイメージ?

     著者:小林 肇(日本経済新聞社 用語幹事) …

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き18  輸=シュ?/ユ?、洗=セイ?/セン?——「百姓読み」あれこれ(上)——

    やっぱり漢字が好き18 輸=シュ?/ユ?、洗=セイ?/セ…

     著者:戸内 俊介(日本大学文理学部教授) 「百姓…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ136 政権をどう「たてなおす」のか

    新聞漢字あれこれ136 政権をどう「たてなおす」のか

     著者:小林 肇(日本経済新聞社 用語幹事)  「…

    記事を読む

  • 「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑤ ~南北朝時代から江戸時代までの「嬲」と「嫐」~

    「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑤ ~南北朝時代から…

    筆者:笹原宏之(早稲田大学教授)5 南北朝時代から…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

歴史・文化

  • やっぱり漢字が好き18  輸=シュ?/ユ?、洗=セイ?/セン?——「百姓読み」あれこれ(上)——

    やっぱり漢字が好き18 輸=シュ?/ユ?、洗=セイ?/セ…

     著者:戸内 俊介(日本大学文理学部教授) 「百姓…

    記事を読む

  • 「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑤ ~南北朝時代から江戸時代までの「嬲」と「嫐」~

    「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑤ ~南北朝時代から…

    筆者:笹原宏之(早稲田大学教授)5 南北朝時代から…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ135 「辺」 2点しんにょうに驚き

    新聞漢字あれこれ135 「辺」 2点しんにょうに驚き

     著者:小林 肇(日本経済新聞社 用語幹事)  …

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き17 漢字はジェンダーニュートラルを指向するか?

    やっぱり漢字が好き17 漢字はジェンダーニュートラルを指向…

      著者:戸内 俊介(日本大学文理学部教授)  2…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ134 「変」 2023年「今年の良い漢字」

    新聞漢字あれこれ134 「変」 2023年「今年の良い漢字…

     著者:小林 肇(日本経済新聞社 用語幹事)  1…

    記事を読む

  • 【読者プレゼントあり!】「今年の漢字」の裏話~道具編~

    【読者プレゼントあり!】「今年の漢字」の裏話~道具編~

     ※募集は終了しました こんにちは。「漢字カフェ」…

    記事を読む

歴史・文化記事一覧へ

研究

  • 新聞漢字あれこれ124 部首の「气」が表すものは?

    新聞漢字あれこれ124 部首の「气」が表すものは?

     ここ数カ月で部首が「气(きがまえ)」の字の作字※…

    記事を読む

  • 『大漢和辞典デジタル版』に「語彙検索機能」が追加!

    『大漢和辞典デジタル版』に「語彙検索機能」が追加!

     こんにちは、漢字カフェ担当のカンキツです。今回は…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。10  書体は語る(下)

    やっぱり漢字が好き。10 書体は語る(下)

     前々号「書体は語る(上)」と前号「書体は語る(中…

    記事を読む

  • 64画の漢字とは!?笹原宏之著『なぞり書きで脳を活性化―画数が夥しい漢字121』が発売

    64画の漢字とは!?笹原宏之著『なぞり書きで脳を活性化―画…

     こんにちは!漢字カフェ担当のカンキツです。今回は…

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き。4 なぜ“4”は「四」と書くのか?(下)

    やっぱり漢字が好き。4 なぜ“4”は「四」と書くのか?(下…

     前号までは、漢字において“4”を表す文字が、「 …

    記事を読む

  • 漢字の手書きが生涯に役立つ?12月18日京大×漢検公開シンポジウム開催

    漢字の手書きが生涯に役立つ?12月18日京大×漢検公開シン…

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  1…

    記事を読む

研究記事一覧へ

PR記事
  • 【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑(ゆくにこみちによらず)』が発売!

    【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑…

    記事を読む

  • 令和4年度「日本漢字能力検定協会賞」を受賞! お笑い芸人きくりんさんに聞く“漢字学習の道”【後編】

    令和4年度「日本漢字能力検定協会賞」を受賞! お笑…

    記事を読む

  • 令和4年度「日本漢字能力検定協会賞」を受賞! お笑い芸人きくりんさんに聞く“漢字学習の道”【前編】

    令和4年度「日本漢字能力検定協会賞」を受賞! お笑…

    記事を読む

  • 2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年の世相、どんなかんじ?

    2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年…

    記事を読む

  • 2020年「今年の漢字」こぼれ話(前編)2020年は「初」だらけ!

    2020年「今年の漢字」こぼれ話(前編)2020年…

    記事を読む

最新記事
  • 新聞漢字あれこれ138 刷新の「刷」が表すもの

    新聞漢字あれこれ138 刷新の「刷」が表すもの

    記事を読む

  • 【読者プレゼントあり!】円満字二郎著『難読漢字の奥義書』文庫本が発売!

    【読者プレゼントあり!】円満字二郎著『難読漢字の奥義書』文…

    記事を読む

  • 「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑥ ~地名とJIS漢字の「嬲」と「嫐」~

    「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑥ ~地名とJIS漢…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ137 「噶」 秘境の海のイメージ?

    新聞漢字あれこれ137 「噶」 秘境の海のイメージ?

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き18  輸=シュ?/ユ?、洗=セイ?/セン?——「百姓読み」あれこれ(上)——

    やっぱり漢字が好き18 輸=シュ?/ユ?、洗=セイ?/セ…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ136 政権をどう「たてなおす」のか

    新聞漢字あれこれ136 政権をどう「たてなおす」のか

    記事を読む

  • 【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑(ゆくにこみちによらず)』が発売!

    【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑(ゆくに…

    記事を読む

  • 「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑤ ~南北朝時代から江戸時代までの「嬲」と「嫐」~

    「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑤ ~南北朝時代から…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ135 「辺」 2点しんにょうに驚き

    新聞漢字あれこれ135 「辺」 2点しんにょうに驚き

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き17 漢字はジェンダーニュートラルを指向するか?

    やっぱり漢字が好き17 漢字はジェンダーニュートラルを指向…

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.