日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • おもしろ
  • イベント・キャンペーン

「好きな四字熟語アンケート」結果発表③!座談会中編

2021.05.20

「好きな四字熟語アンケート」結果発表③!座談会中編

 こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。
 3月30日に公開した記事:「好きな四字熟語アンケート」結果発表①!上位にランクインしたのは…!?で、アンケート結果を発表しました。

 
 アンケート結果について、漢字カフェで「四字熟語根掘り葉掘り」の連載をしている円満字二郎様と、「新聞漢字あれこれ」の連載をしている小林肇様にオンライン上で座談会をしていただきました!大変な盛り上がりとなったため、前中後編に分けて、座談会の様子をお届けします。
●前編はこちら●

●時代を象徴する四字熟語は?

キンスケ(以下「キ」):おふたりが好きな四字熟語は何ですか。

小林様(以下「小」):最近仕事で出会いを大切にしたいと思うことがあったので、「一期一会」にします。今回のアンケートでも、ご自身の体験から四字熟語を選んだというコメントも多かったので、私と同じだなと思いました。

円満字様(以下「円」):今回のアンケートの結果には、「臥薪嘗胆」や「捲土重来」など、「今はつらいけど将来何とかしたい」という意味の四字熟語が多く、そのような人が世の中に多いのかと少し心配になりました。コロナ禍ということも関係あるのかもしれません。

小:時代を表しているのかもしれませんね。「一期一会」も、コロナ禍で直接人と会う機会が減ったからこそ人と会う時間を大切にしたい、そういう思いが票を集めた要因のひとつなのでしょう。

円:それは鋭いご指摘ですね。ただ美しく気持ちの良いものより、胸に突き刺さる言葉の方が、こういったアンケートでは上位にランクインします。教訓のようなものは、いつの時代でも選ばれやすいのではないでしょうか。そういった意味で「切磋琢磨」を選んだ方がいなかったのは意外ですね。今回のアンケートのきっかけとなった「温故知新」もありませんでした。「温故知新」は社訓になっている会社もあるようなので、組織に人気なのかもしれません。私は好きな四字熟語はないのですが、強いてあげるなら「無憂無風」です。これは太宰治が『津軽』の最後で使っている四字熟語で、「憂」と「風」の組み合わせが美しく、太宰治しか思いつかないだろうなと思いました。

キ:太宰治をはじめとする文豪は、よく四字熟語を創作していますね。

円:誰かが作った四字熟語を、別の誰かが読んで「自分も使いたい」となり、それが人気となり…、そうやってやがて辞書に載る四字熟語に成長していくのでしょう。「不要不急」は2020年にかなり使われたので、次に辞書を作る際には掲載されるのではと思います。「不要不急」は大正時代からある四字熟語ですが、誰が作ったのかは不明です。現在のように「不要不急」が戒められるようになると、どこからともなく引っ張り出されて使われるようになり、必要がなくなると忘れられていきます。

小:「不要不急」はどこからどこまでが「不要不急」か、線引きが難しいです。

円:四字熟語は、言いたいことを漢字四文字にしているから、あいまいさを常に併せ持っています。言いたいことをバシッと言えて様になるけれど、正確に伝えることは難しいのです。

●四字熟語を学ぶ意義とは?

キ:漢字学習では、苦手意識のある方も多い四字熟語ですが、おふたりが考える学ぶ意義は何でしょうか。

小:歴史の教訓を学ぶことができ、他人の経験を自分の人生に生かせることです。

円:それは重要ですよね。ただもう1つ、語彙学習という面もあります。誰も知らないような四字熟語を無理に勉強する必要はなく、自分も使いたくなるような、いい言葉だなと思えるようなものをまずは勉強すればよいのではと思います。逆に四字熟語を使いすぎると、嫌味っぽくなってしまいます。用法用量を守って正しく使う必要がありますね。

小:常識として知っておくべき、常用四字熟語があればいいと思います。共通の認識を持つと、コミュニケーションが活発になり、誤解もなくなります。また、商品名や広告で四字熟語をもじっているものもありますが、それは共通の理解があるからできることです。私の知っている鰻屋さんが「栄養鰻点」と宣伝をしていたことがありました。これは、「栄養満点」を常識として知っているからこそ、できる表現です。

 盛り上がった座談会も次がいよいよ最終回。後編では、四字熟語の魅力やクスリと笑える番外編をお届けします。5月24日に公開予定です。

《参考リンク》
青空文庫で『津軽』を読んでみよう
漢字ペディアで「鰻」を調べよう
四字熟語根掘り葉掘り60:「不要不急」の判断基準 はこちら

<プロフィール紹介>
円満字二郎(えんまんじ じろう)
フリーライター兼編集者。 1967年兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社で約17年間、国語教科書や漢和辞典などの編集担当者として働く。 著書に、『漢字の使い分けときあかし辞典』(研究社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『知るほどに深くなる漢字のツボ』(青春出版社)、『雨かんむり漢字読本』(草思社)、『漢字の植物苑 花の名前をたずねてみれば』(岩波書店)など。最新刊『難読漢字の奥義書』(草思社)が発売中。
●ホームページ:http://bon-emma.my.coocan.jp/

小林肇(こばやし はじめ)
日本経済新聞社 用語幹事
1966年東京都生まれ。金融機関に勤務後、1990年に校閲記者として日本経済新聞社に入社。編集局 記事審査部次長、人材教育事業局 研修・解説委員などを経て2019年から現職。日本新聞協会新聞用語懇談会委員。漢検漢字教育サポーター。漢字教育士。 専修大学協力講座講師。
著書に『マスコミ用語担当者がつくった 使える! 用字用語辞典』(共著、三省堂)、『謎だらけの日本語』『日本語ふしぎ探検』(共著、日経プレミアシリーズ)、『文章と文体』(共著、朝倉書店)、『日本語大事典』(項目執筆、朝倉書店)、『大辞林第四版』(編集協力、三省堂)、『加山雄三全仕事』(共著、ぴあ)、『函館オーシャンを追って』(長門出版社)がある。
2019年9月から三省堂辞書ウェブサイトで『ニュースを読む 新四字熟語辞典』を連載。

キンスケ
漢字カフェ担当の漢検協会職員。
京都在住で、趣味は読書、博物館・水族館巡り。
好きな食べ物はスイカとおでん。

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • クイズ番組で話題の難読漢字にチャレンジ!その4~漢検1級でも出ない激ムズ漢字とは?~

    クイズ番組で話題の難読漢字にチャレンジ!その4~漢検1級で…

     こんにちは。漢字カフェ・激ムズ漢字担当のグッピー…

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第50問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第50問

     こんにちは。漢字と謎解きをこよなく愛する謎作り人…

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第49問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第49問

     こんにちは。漢字と謎解きをこよなく愛する謎作り人…

    記事を読む

  • 2021年「今年の漢字」こぼれ話 2020年との違いは?

    2021年「今年の漢字」こぼれ話 2020年との違いは?

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  2…

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第48問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第48問

     こんにちは。漢字と謎解きをこよなく愛する謎作り人…

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第47問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第47問

     こんにちは。漢字と謎解きをこよなく愛する謎作り人…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

イベント・キャンペーン

  • 2021年「今年の漢字」こぼれ話 2020年との違いは?

    2021年「今年の漢字」こぼれ話 2020年との違いは?

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  2…

    記事を読む

  • 2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年の世相、どんなかんじ?

    2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年の世相、…

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  早…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム来館者40万人突破!『今年の漢字展』も開催

    漢字ミュージアム来館者40万人突破!『今年の漢字展』も開催

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  京…

    記事を読む

  • 大人も子どもも楽しめるオンライン講座「親子で学ぶ!なぜ?からはじめる漢字のなりたち」開講!

    大人も子どもも楽しめるオンライン講座「親子で学ぶ!なぜ?か…

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  …

    記事を読む

  • 第9回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」募集中!

    第9回「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」募集中!

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  公…

    記事を読む

  • 「小・中学生の部」新設!第8回白川静漢字教育賞募集中

    「小・中学生の部」新設!第8回白川静漢字教育賞募集中

     こんにちは、漢字カフェ担当のキンスケです。  福…

    記事を読む

イベント・キャンペーン記事一覧へ

PR記事
  • 2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年の世相、どんなかんじ?

    2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年…

    記事を読む

  • 2020年「今年の漢字」こぼれ話(後編)似ている漢字に要注意!

    2020年「今年の漢字」こぼれ話(後編)似ている漢…

    記事を読む

  • 2020年「今年の漢字」こぼれ話(前編)2020年は「初」だらけ!

    2020年「今年の漢字」こぼれ話(前編)2020年…

    記事を読む

  • 2020年「今年の漢字」募集開始!団体データ応募も

    2020年「今年の漢字」募集開始!団体データ応募も

    記事を読む

  • 「令和」だけじゃない! 2019年「今年の漢字」の「令」は、○○の「令」

    「令和」だけじゃない! 2019年「今年の漢字」の…

    記事を読む

最新記事
  • クイズ番組で話題の難読漢字にチャレンジ!その4~漢検1級でも出ない激ムズ漢字とは?~

    クイズ番組で話題の難読漢字にチャレンジ!その4~漢検1級で…

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第50問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第50問

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ85 今年はカイフクしますように

    新聞漢字あれこれ85 今年はカイフクしますように

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第49問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第49問

    記事を読む

  • 2021年「今年の漢字」こぼれ話 2020年との違いは?

    2021年「今年の漢字」こぼれ話 2020年との違いは?

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第48問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第48問

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第47問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第47問

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第46問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第46問

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ84 輪、進、復… 2021年「今年の良い漢字」

    新聞漢字あれこれ84 輪、進、復… 2021年「今年の良い…

    記事を読む

  • 漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第45問

    漢検準1級配当漢字をなぞ解きで学ぼう!第45問

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.