日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • コラム
  • おもしろ
  • 暮らし

新聞漢字あれこれ15 ハナ肇のハジメです!

2019.04.03

新聞漢字あれこれ15 ハナ肇のハジメです!

 新年度に入りました。進級・進学、就職や異動などで学校や職場がかわった方もいらっしゃるかと思います。自己紹介をするような場面もあるのではないでしょうか。ところで、皆さんは自分の名前を初対面の人に伝える場合、どのように説明していますか。私の場合は……。今回は「字解き」の話です。

 字解きとは「ある文字が他の字と間違えないように説明をつけること」(大辞林)。川・河を「3本ガワ、さんずいのカワ」、島・嶋を「アイランドのシマ、山鳥のシマ」などと区別して言うことです。私が入社した頃はもうほとんど行われていませんでしたが、かつて日本経済新聞社では原稿どおり活字が拾われているか(記事が入力されているか)校閲記者が2人1組となって、「読み合わせ」をしてチェックしていました。ひとりが字解きをしながら紙面が出来上がる前の記事を読み上げ、もうひとりが元の原稿と合っているかを確認するという作業です。

 最近では、電子媒体で文字化けするおそれのある環境依存文字を「●」などに置き換えて字を説明することも「字解き」と呼ぶことがあります。例えば小説家の里見弴を「里見●(ゆみへんに享)」のように表示することです。日経電子版でもこういった表記が見られますので、ご存じの方も多いことでしょう。

 相手に名前を説明する場合、漢字を分解して字解きすることもあるでしょうが、より簡潔に分かりやすく伝える方法としては、著名人の名前を使うのが効果的だと思います。私の場合ですと、子供の頃から約50年間「ハナ肇のハジメです」で通してきました。「ハナ肇とクレージーキャッツ」のリーダーとして知られるハナ肇さん(本名・野々山定夫、1993年死去)。ハナさんが誰だか分からないまま父親に教わったとおり言い続けてきましたが、この10~15年ほど、だんだんと通じなくなってきました。名前の字を尋ねられ「ハナ肇のハジメ」と言っても、相手がポカンとした表情になったり、電話口では沈黙されたりすることが増えてきました。まれに「その世代だから分かりますよ」などと言われると、なんだかほっとします。

 そろそろ「ハナ肇」を〝卒業〟しようと思っていた時、『朝日新聞の用語の手引 新版』(朝日新聞出版)を見ていたら、資料編に「読み合わせの字解き例」があり、「肇」の項には「肇国(ちょうこく)のチョウ」とともに「ハナ肇のハジメ」が載っていました。「これ以上分かりやすい説明はないよなあ」とあらためて納得。ほかに数例を挙げてみますと「広(広島のヒロ)」「弘(弘前のヒロ)」「宏(ウカンムリにナムのヒロ)」などなど。新聞社で長年蓄積された相手に速く正確に伝えるための工夫が見えてきます。

 同書の「字解き例」は2015年刊行の新版からで、近く発売される改訂新版でも引き続き収載されると聞きました。記者がパソコンで記事を作成する現在、新聞社内で字解きをすることは少なくなっていますが、朝日新聞メディアプロダクション校閲事業部統括デスクの比留間直和さんはその目的を「字解きという技術の継承・記録」だと言います。ハナさんが亡くなって四半世紀が過ぎましたが、字解きの世界では生き続けるということのようですね。

 2017年秋、植木等さんと小松政夫さんの師弟愛を描いたドラマ「植木等とのぼせもん」がNHKで放映されました。当然、ドラマはこの2人を軸に展開されるのですが、名前の縁からかどうしても私は山内圭哉さん演ずるハナ肇さんに注目してしまいました。人情に熱い男、ハナ肇を見て、もうしばらくは「ハナ肇のハジメ」でいこうと決心したものです。

 そんな「肇」がこの3月、突如ニュースとして話題となりました。「キラキラネーム」に悩む山梨県の男子高校生(18)が申し立てていた「王子様」から「肇」への改名を、甲府家裁が許可したという話です。山梨日日新聞の報道によると、新しい名前には「過去の思いを断ち切って新しい人生を始めるとの思いが込められていて、漢字は憧れの経済学者の字を充てた」とのことでした。「ハナ肇ではないのか」と思いつつも、同じ名前である若者の新しい人生の門出にエールを送りたいと思います。


《参考リンク》
漢字ペディアで「肇」を調べよう。

《参考資料》
朝日新聞社用語幹事編『朝日新聞の用語の手引 新版』朝日新聞出版、2015年
小池直輝「改名『王子様』を『肇』に 県内高3笑われ記名嫌に…決意『生きやすくなった』」山梨日日新聞2019年3月9日付
小松政夫『昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年』KADOKAWA、2017年
ハナ肇『あッと驚くリーダー論』主婦と生活社、1985年
比留間直和「チョウコクのチョウって?」朝日新聞デジタル2016年7月13日付

<著者紹介>
小林肇(こばやし・はじめ)
日本経済新聞社 用語幹事
1966年東京都生まれ。金融機関に勤務後、1990年に校閲記者として日本経済新聞社に入社。編集局 記事審査部次長、人材教育事業局 研修・解説委員などを経て2019年から現職。日本新聞協会新聞用語懇談会委員。漢検漢字教育サポーター。漢字教育士。
著書に『謎だらけの日本語』『日本語ふしぎ探検』(共著、日経プレミアシリーズ)、『文章と文体』(共著、朝倉書店)、『日本語大事典』(項目執筆、朝倉書店)、『加山雄三全仕事』(共著、ぴあ)、『函館オーシャンを追って』(長門出版社)がある。

<記事画像>
・ハナ肇さんの著書とサイン:著者撮影
・まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • 新聞漢字あれこれ22 創作漢字に込めた意味

    新聞漢字あれこれ22 創作漢字に込めた意味

     日経電子版で何年も前に公開した記事であるにもかか…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ21 国技館に横綱はいても…

    新聞漢字あれこれ21 国技館に横綱はいても…

     5月下旬、安倍晋三首相夫妻とトランプ米大統領夫妻…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ20 「土」に点を打つのはどの位置か

    新聞漢字あれこれ20 「土」に点を打つのはどの位置か

     漢字を書く際に最後に点を打つ位置といえば「犬」や…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ19 「州」を手書きすると「刕」 になる?

    新聞漢字あれこれ19 「州」を手書きすると「刕」 になる?

     4月のある日、夕刊社会面を見ていると「刕」という…

    記事を読む

  • 注目の上級日本語教材!ベストセラーの書評エッセイでリアルな現代「日本」を学ぶ

    注目の上級日本語教材!ベストセラーの書評エッセイでリアルな…

     齊藤孝さんの『声に出して読みたい日本語』や村上春…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ18 「太」と「大」は悩ましい 

    新聞漢字あれこれ18 「太」と「大」は悩ましい 

     「令和」になってから2週間が経過しました。改元フ…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

コラム

  • 新聞漢字あれこれ22 創作漢字に込めた意味

    新聞漢字あれこれ22 創作漢字に込めた意味

     日経電子版で何年も前に公開した記事であるにもかか…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ21 国技館に横綱はいても…

    新聞漢字あれこれ21 国技館に横綱はいても…

     5月下旬、安倍晋三首相夫妻とトランプ米大統領夫妻…

    記事を読む

  • 小さい赤ちゃんの呼び方~医療の現場より~

    小さい赤ちゃんの呼び方~医療の現場より~

     最近、米国で245グラムで生まれた女児がめでたく…

    記事を読む

  • 漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

    漢字コラム44「票」火の粉がふわふわ

     亥年は選挙の年です。4年に1回の統一地方選挙と3…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ20 「土」に点を打つのはどの位置か

    新聞漢字あれこれ20 「土」に点を打つのはどの位置か

     漢字を書く際に最後に点を打つ位置といえば「犬」や…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ19 「州」を手書きすると「刕」 になる?

    新聞漢字あれこれ19 「州」を手書きすると「刕」 になる?

     4月のある日、夕刊社会面を見ていると「刕」という…

    記事を読む

コラム記事一覧へ

暮らし

  • 「令和」に抱いた印象は?日本漢字学会が新元号に関するアンケート結果を発表

    「令和」に抱いた印象は?日本漢字学会が新元号に関するアンケ…

     日本漢字学会は、平成から令和への改元に際し、漢字…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ22 創作漢字に込めた意味

    新聞漢字あれこれ22 創作漢字に込めた意味

     日経電子版で何年も前に公開した記事であるにもかか…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り40:「雨奇晴好」が生まれた場所?

    四字熟語根掘り葉掘り40:「雨奇晴好」が生まれた場所?

     京都の四条河原町の繁華街から、鴨川を渡って祇園に…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ21 国技館に横綱はいても…

    新聞漢字あれこれ21 国技館に横綱はいても…

     5月下旬、安倍晋三首相夫妻とトランプ米大統領夫妻…

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り39:英雄への助言は「躡足附耳」で!

    四字熟語根掘り葉掘り39:英雄への助言は「躡足附耳」で!

     「躡足附耳(じょうそくふじ)」。なんとまあ、むず…

    記事を読む

  • 小さい赤ちゃんの呼び方~医療の現場より~

    小さい赤ちゃんの呼び方~医療の現場より~

     最近、米国で245グラムで生まれた女児がめでたく…

    記事を読む

暮らし記事一覧へ

PR記事
  • 日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催されました。

    日本漢字学会の第1回(2018年)研究大会が開催さ…

    記事を読む

  • 漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~漢字よ、ありがとう~」開催中!

    漢字ミュージアム秋の企画展「幕末明治のことば展 ~…

    記事を読む

  • 漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」が正式に発足。

    漢字を専門に研究する日本初の学会、「日本漢字学会」…

    記事を読む

  • 3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウムを開催!ありそうでなかった学会が発足します。

    3/29「日本漢字学会」設立総会&記念シンポジウム…

    記事を読む

  • 251校の専修学校が「漢検」を経済的援助の条件に活用!

    251校の専修学校が「漢検」を経済的援助の条件に活…

    記事を読む

最新記事
  • 漢字がテーマの映像作品を募集中!SHIBUYA FILM AWARDS 2019

    漢字がテーマの映像作品を募集中!SHIBUYA FILM …

    記事を読む

  • 「令和」に抱いた印象は?日本漢字学会が新元号に関するアンケート結果を発表

    「令和」に抱いた印象は?日本漢字学会が新元号に関するアンケ…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ22 創作漢字に込めた意味

    新聞漢字あれこれ22 創作漢字に込めた意味

    記事を読む

  • 四字熟語根掘り葉掘り40:「雨奇晴好」が生まれた場所?

    四字熟語根掘り葉掘り40:「雨奇晴好」が生まれた場所?

    記事を読む

  • 参加無料!7/20(土)『ニホンゴ探検2019―1日研究員になろう!』開催!

    参加無料!7/20(土)『ニホンゴ探検2019―1日研究員…

    記事を読む

  • 円満字先生による連続講座がスタート! NHK文化センターにて

    円満字先生による連続講座がスタート! NHK文化センターに…

    記事を読む

  • 漢字の指導法や教材、作品を募集中!第7回白川静漢字教育賞

    漢字の指導法や教材、作品を募集中!第7回白川静漢字教育賞

    記事を読む

  • 国宝も展示中!『漢字展-4000年の旅』で漢字の世界に浸ろう

    国宝も展示中!『漢字展-4000年の旅』で漢字の世界に浸ろ…

    記事を読む

  • (聴講無料)7/21(日)松本市にて明治期の漢字教育に関する講演会開催!

    (聴講無料)7/21(日)松本市にて明治期の漢字教育に関す…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ21 国技館に横綱はいても…

    新聞漢字あれこれ21 国技館に横綱はいても…

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.