日常に“学び”をプラス 漢字カフェ

  • イベント・キャンペーン
  • おもしろ

2020年「今年の漢字」こぼれ話(後編)似ている漢字に要注意!

2020.12.21

2020年「今年の漢字」こぼれ話(後編)似ている漢字に要注意!

 こんにちは。「漢字カフェ」担当のキンスケです。


 12月15日に公開した記事『2020年「今年の漢字」こぼれ話(前編)2020年は「初」だらけ!』では、2020年「今年の漢字」のトップ20にランクインした漢字のうち、1位の「密」を含む11個がトップ20に初登場した漢字だったことをお伝えしました。


 今回は、初登場だらけの2020年だったからこその、ちょっと珍しい現象についてご紹介します。 その現象とは、「誤った字の応募」です。


コロナ問題は「禍」か「渦」か

 代表的な「誤字」の一つは、「渦(カ・うず)」を2位の「禍(カ・わざわ(い))」と間違えて応募したケースでした。「禍」は、「コロナ禍」という言葉がメディア等で取り上げられるようになるまではあまり馴染みのない漢字だったため、「コロナ渦」と勘違いされていた方も多かったようです。

 今回、「渦」を応募した方が「渦」を選んだ理由を読むと、大きく3つに分けられました。

①「禍」と「渦」の視覚的な誤認

  ・コロナ渦でみんなが大変な一年だったので(新潟県 68歳)

  ・コロナ渦と言われているから。(富山県 18歳)

と、「禍」を「渦」と書いてしまっていた方もいれば、

  ・「コロナ禍」という言葉をニュースで何度も見聞きしていたから。 (愛知県 48歳)   

と、理由の文章は「禍」としているけれど、漢字一字を入力した際に誤変換してしまった方もいました。

②「渦」(うず)の意味を理解したうえで「コロナ渦」と誤認

  ・2020年は、新型コロナウイルス感染症による混乱の1年だったと思います。そのため、新型コロナウイルスの渦中にあることを示す、コロナ渦の「渦」が2020年の世相を1番良く表した漢字1字だと思い、選定しました。(茨城県 38歳)

  ・コロナに振り回された2020年。コロナ渦というワードはニュースや新聞でもたくさん目にしたので「渦」にしました。まさに渦に巻き込まれていくような激動の2020年。そして、まだまだ終わりが見えないコロナ。来年は、明るい漢字を選びたいなと思いながら考えました。(福岡県 33歳)

のように、「渦」(うず)の意味を理解したうえで、「コロナか」を「コロナ渦(コロナウイルスによって起こっている大きな渦に飲み込まれているような状態、コロナの渦中にいること)」と思っている方もいました。

③「コロナ禍」は「渦」ではないと理解したうえで「渦」を選択

 もちろん、「渦」は「コロナ禍」の「禍」ではないことを理解したうえで、あえて「渦」を選んでいる方もいました。

  ・「コロナ禍」で俄に身近になった「禍」と似た字でもあり、個人的に混同してしまっていた時期があった。コロナウイルスや米中の対立なども「禍」というネガティブな面だけではなく、楽観的な側面も「渦」のように、絶えず入り交じり行ったり来たり、の一年だったと感じるため。(埼玉県 45歳)

  ・「禍」が読めずに、コロナ渦という言葉が飛び交いました。世界中を巻き込んだ渦のようなのである意味正解かもしれません。早く元の世界に戻りますように。(京都府 36歳)

  ・コロナ禍の「禍」ではなく、あえてさんずいの「渦」にしました。未知のウイルスにたくさんの人がぐるぐる渦潮のように振り回されたことは勿論、特定の人が「渦中の人物」として繰り返し話題になったり、SNSを通じた誹謗中傷などが目立ったりした一年であることも選定の理由です。(東京都 32歳)

 上記の理由を見ると、「渦」と書かれている方が皆さん「禍」と誤認されたわけではないこともわかりますし、あえて「渦」とする理由も納得できる部分があります。

「蜜」と「密」、「減」と「滅」も散見

 「渦」のほかにも誤りが多かったのが、1位の「密(ミツ・ひそ(かに))」を「蜜(ミツ)」とした誤りです。

 「蜜」の応募理由のほとんどは「3密」と書かれており、また、「蜜」の75%以上がWebからの応募でした。これらのことから、「密」と「蜜」は音も、形も一部が同じため、変換する際に間違えた方が多かったと推察されます。皆さんもメールやSNSで一度は変換ミスした経験がある字かもしれませんね。

 また、意外なところでは7位の「滅」と「減」の間違いも。

 「減」を応募された方の多くが、選んだ理由に「コロナウイルスの感染拡大の影響による人出の『減』少」や、企業の「減収減益」」を挙げる中、「『鬼滅の刃』のヒット」というコメントが時折見られました。形が似ていてかつ画数も多いために見間違えてしまったか、もしくは『鬼滅の刃』の「滅」を「減」と思い込んでしまっているのかもしれません。

今年中に正しく覚えよう!

 「今年の漢字」の発表は、毎年12月12日(漢字の日)の前後に行っています。「12月12日」を「漢字の日」に制定した背景には、皆さんに「いい字(12)」を「一字(12)」でも覚えていただきたいという当協会の思いがありました。

 残念ながら、今年は「いい字」があまり思い浮かばない年でしたが、印象的な漢字は多い一年だったように思います。せっかく目にする機会が増えた漢字たち、ぜひ今年中に正しく覚えていただけたら嬉しいです。

★☆おすすめ記事
新聞漢字あれこれ44 コロナ渦の影響はいかに?  はこちら

<記事画像>
2020年「今年の漢字」に応募されたはがきと応募用紙の一部

<キンスケ紹介>
漢字カフェ担当の4年目漢検協会職員。
京都在住で、趣味は読書、博物館・水族館巡り。
好きな食べ物はスイカとおでん。

続きを見る

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • google+

おもしろ

  • 面白い由来を持つ難読地名5選!!!【漢字ミュージアム企画展「漢字鉄道の旅」より】 

    面白い由来を持つ難読地名5選!!!【漢字ミュージアム企画展…

      こんにちは、漢字カフェ担当のカンキツです!京都…

    記事を読む

  • 【読者プレゼントあり!】笹原宏之編著『方言漢字事典』が発売!

    【読者プレゼントあり!】笹原宏之編著『方言漢字事典』が発売…

     ※募集は終了しました  こんにちは!漢字カフェ担…

    記事を読む

  • ~鉄道を通じて漢字を楽しむ企画展「漢字鉄道の旅」 が漢字ミュージアムで開催中!~

    ~鉄道を通じて漢字を楽しむ企画展「漢字鉄道の旅」 が漢字ミ…

     こんにちは、漢字カフェ担当のカンキツです。京都・…

    記事を読む

  • 64画の漢字とは!?笹原宏之著『なぞり書きで脳を活性化―画数が夥しい漢字121』が発売

    64画の漢字とは!?笹原宏之著『なぞり書きで脳を活性化―画…

     こんにちは!漢字カフェ担当のカンキツです。今回は…

    記事を読む

  • 動物漢字にまつわる面白話が満載!円満字二郎著『漢字の動物苑―鳥・虫・けものと季節のうつろい』が発売!

    動物漢字にまつわる面白話が満載!円満字二郎著『漢字の動物苑…

     こんにちは!漢字カフェ担当のカンキツです。今回は…

    記事を読む

  • 漢字ペディア2022年下半期アクセス数ランキング発表!「藪」「盈」がランクインした背景とは?

    漢字ペディア2022年下半期アクセス数ランキング発表!「藪…

     こんにちは、漢字カフェ担当のカンキツです。  公…

    記事を読む

おもしろ記事一覧へ

イベント・キャンペーン

  • 【読者プレゼントあり!】円満字二郎著『難読漢字の奥義書』文庫本が発売!

    【読者プレゼントあり!】円満字二郎著『難読漢字の奥義書』文…

     こんにちは!漢字カフェ担当のカンキツです。  今…

    記事を読む

  • 【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑(ゆくにこみちによらず)』が発売!

    【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑(ゆくに…

     こんにちは!漢字カフェ担当のカンキツです。  今…

    記事を読む

  • 【漢字講座のご案内】「方言漢字」の宝庫・足立区 文字の地域性を考える

    【漢字講座のご案内】「方言漢字」の宝庫・足立区 文字の地域…

     こんにちは!漢字カフェ担当のカンキツです。今回は…

    記事を読む

  • 【読者プレゼントあり!】「今年の漢字」の裏話~道具編~

    【読者プレゼントあり!】「今年の漢字」の裏話~道具編~

     ※募集は終了しました こんにちは。「漢字カフェ」…

    記事を読む

  • 日中韓 同時開催! 『日中韓協力を象徴する2024年の単語』に投票しよう!

    日中韓 同時開催! 『日中韓協力を象徴する2024年の単語…

     こんにちは。「漢字カフェ」担当のカンキツです。 …

    記事を読む

  • 面白い由来を持つ難読地名5選!!!【漢字ミュージアム企画展「漢字鉄道の旅」より】 

    面白い由来を持つ難読地名5選!!!【漢字ミュージアム企画展…

      こんにちは、漢字カフェ担当のカンキツです!京都…

    記事を読む

イベント・キャンペーン記事一覧へ

PR記事
  • 【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑(ゆくにこみちによらず)』が発売!

    【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑…

    記事を読む

  • 令和4年度「日本漢字能力検定協会賞」を受賞! お笑い芸人きくりんさんに聞く“漢字学習の道”【後編】

    令和4年度「日本漢字能力検定協会賞」を受賞! お笑…

    記事を読む

  • 令和4年度「日本漢字能力検定協会賞」を受賞! お笑い芸人きくりんさんに聞く“漢字学習の道”【前編】

    令和4年度「日本漢字能力検定協会賞」を受賞! お笑…

    記事を読む

  • 2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年の世相、どんなかんじ?

    2021年「今年の漢字」12月6日まで募集中!今年…

    記事を読む

  • 2020年「今年の漢字」こぼれ話(前編)2020年は「初」だらけ!

    2020年「今年の漢字」こぼれ話(前編)2020年…

    記事を読む

最新記事
  • 新聞漢字あれこれ138 刷新の「刷」が表すもの

    新聞漢字あれこれ138 刷新の「刷」が表すもの

    記事を読む

  • 【読者プレゼントあり!】円満字二郎著『難読漢字の奥義書』文庫本が発売!

    【読者プレゼントあり!】円満字二郎著『難読漢字の奥義書』文…

    記事を読む

  • 「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑥ ~地名とJIS漢字の「嬲」と「嫐」~

    「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑥ ~地名とJIS漢…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ137 「噶」 秘境の海のイメージ?

    新聞漢字あれこれ137 「噶」 秘境の海のイメージ?

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き18  輸=シュ?/ユ?、洗=セイ?/セン?——「百姓読み」あれこれ(上)——

    やっぱり漢字が好き18 輸=シュ?/ユ?、洗=セイ?/セ…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ136 政権をどう「たてなおす」のか

    新聞漢字あれこれ136 政権をどう「たてなおす」のか

    記事を読む

  • 【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑(ゆくにこみちによらず)』が発売!

    【読者プレゼントあり!】諸橋轍次記念館編『行不由徑(ゆくに…

    記事を読む

  • 「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑤ ~南北朝時代から江戸時代までの「嬲」と「嫐」~

    「嬲」と「嫐」の各地での受け入れと変容⑤ ~南北朝時代から…

    記事を読む

  • 新聞漢字あれこれ135 「辺」 2点しんにょうに驚き

    新聞漢字あれこれ135 「辺」 2点しんにょうに驚き

    記事を読む

  • やっぱり漢字が好き17 漢字はジェンダーニュートラルを指向するか?

    やっぱり漢字が好き17 漢字はジェンダーニュートラルを指向…

    記事を読む

記事カテゴリ
  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 漢字を調べるなら漢字ぺディア
  • 日本漢字学会(JSCCC)
  • メールマガジンのご登録

ページトップへ

Copyright(c) 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All Rights Reserved.